2017
02.20

愛ゆえの決断。『マリアンヌ』感想。

Allied
Allied / 2016年 アメリカ / 監督:ロバート・ゼメキス

あらすじ
男は屋上で一晩過ごす(マジか)。



1942年のカサブランカで、秘密諜報員のマックスはレジスタンスのマリアンヌと共にあるミッションを果たし、それを機に恋に落ちる。やがてロンドンで暮らし始める二人だったが、そこにある疑惑が持ち上がる……。ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール共演のサスペンスなラブストーリー。
続きを読む
  Trackback:0
2017
02.17

巡る一日と巡り会う二人。『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』感想。

Miss_Peregrines
Miss Peregrine's Home for Peculiar Children / 2016年 アメリカ / 監督:ティム・バートン

あらすじ
目ん玉ウマー!



学校の仲間とは上手く馴染めない少年ジェイクは、理解者であった祖父が言い残した言葉に従い、父親と共にとある島へと渡る。その島で見つけた古い屋敷には、奇妙な能力を持つ子供たちと、彼らを保護する美しく厳しい女性、ミス・ペレグリンが暮らしていた……。ランサム・リグズの小説『ハヤブサが守る家』をティム・バートン監督で映画化したファンタジック・ミステリー。
続きを読む
  Trackback:0
2017
02.14

私と彼女のやり直し。『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』感想。

Maggies_Plan
Maggie's Plan / 2015年 アメリカ / 監督:レベッカ・ミラー

あらすじ
後始末されます。



ニューヨークの大学で働くマギーは、妻子持ちの文化人類学者ジョンと恋に落ちる。やがて子供にも恵まれたマギーだったが、ジョンとの生活に不安を感じるようになっていた。そんななかマギーはジョンの元妻ジョーゼットと話す機会を得るのだが……。という恋愛コメディ。
続きを読む
  Trackback:0
2017
02.12

最高な点をひたすら上げていこう。『マグニフィセント・セブン』感想(その2)。

Magnificent_Seven_02
The Magnificent Seven / 2016年 アメリカ / 監督:アントワン・フークア

あらすじ
赤い風車はデッドライン。



前回の感想はこちら。
死に場所は自分で選べ。『マグニフィセント・セブン』感想(その1)。

前回は各キャラクターへの言及をあまりしてなかったんですが、この作品はそもそもキャラ燃え(萌え)がスゴいんですよ。それだけで長くなっちゃうので、結局別エントリーにしちゃいました。とは言え、例の如く「最高!フォー!」という個人的に好きな点を、時系列も関係なくダラダラ書いているだけです。まあこの作品がこんなに好きなんです、という意思表明みたいなものなので、気になったら読んでいただければと思います。
続きを読む
  Trackback:0
2017
02.09

死に場所は自分で選べ。『マグニフィセント・セブン』感想(その1)。

Magnificent_Seven_01
The Magnificent Seven / 2016年 アメリカ / 監督:アントワン・フークア

あらすじ
まだイケる。



西部開拓時代、金鉱を牛耳るボーグにより支配されるローズ・クリークの町民たちは、町を取り戻すため賞金稼ぎのサム・チザムを始めとする七人の男たちを雇う。圧倒的戦力差を前にチザムたちは戦いに臨むが……。『荒野の七人』を原案とした、アントワン・フークア監督、デンゼル・ワシントン主演の西部劇。
続きを読む
  Trackback:0
back-to-top