2015
10.15

夢と現実の狭間で。『バクマン。』感想。

bakuman
2015年 日本 / 監督:大根仁

あらすじ
『サルまん』ではありません。



高校生の真城最高はクラスメイトの高木秋人に一緒に漫画家になろうと誘われ、思いを寄せる亜豆美保との約束を胸にプロの漫画家を目指すことに。目指すはジャンプでの連載!大場つぐみ&小畑健のコミックを実写化した青春漫画家ドラマ。

これは面白い!原作は2巻までしか読んでないので比較はしませんが、漫画家を目指す二人の高校生を軸に、「週刊少年ジャンプ」という実在の雑誌でトップになるため走り抜ける二人の青春ストーリー。漫画を描くという地味な作業を映像化するというのはどうなの?という危惧は見事に払拭され、映画として見せる工夫が山のようにあるのが素晴らしい。原作の余計な関係は全て切り捨て、主役二人とヒロイン、漫画関係者しか出さないというのも英断でしょう。ビジネスの世界の話ではあるけど、そこに漫画好きにはグッとくるロマンを乗せているし、ジャンプの代名詞「友情、努力、勝利」を体現する熱さもある。バラエティある人物たちが並び立ち、大きな壁にぶつかり、それを乗り越えていくという、青春ものとしての構図もキッチリ出来てます。

原作と似てるか分かんない人もいるけど、映画的にはキャストが皆役柄に合ってて良いです。配役が逆じゃないかと言われていた佐藤健と神木隆之介の『るろうに剣心』コンビも全然そんなことはなく、DT臭漂うサイコーとコミュ力高いシュージンにきっちり成ってます。そして亜豆役の小松菜奈がもう抜群に可愛い。『渇き。』以来気にはなっていたものの特に好みというわけでもなかったんだけど、本作を観たらホレます。と言うかホレた。大根仁監督の女の子を主観で可愛く撮る手腕は神懸ってます。染谷将太の「憎たらしいけどこいつ天才だわ」感も凄くて、「ラジャーですー」の言い方などイラッとくる喋り方も実に上手い。山田孝之の地味だけど熱い編集者っぷり、新井浩文の気持ち悪さも良かった。ハート様ごっこには爆笑。クドカンは特にハマってるし、サカナクションの音楽もマッチしてます。

エンドロールが凄いと聞いてたけど予想以上で驚きました。これはこの作品以外ではできない唯一無二のクレジットスタイル。漫画を読んで育った人、少しでも漫画家に憧れた人、そして壁にぶつかりもがく人に響く良い作品。小学校3、4年のころ漫画家になりたくて親に頼んでGペン&かぶらペンを買ってもらいドラえもんの漫画の模写とかして練習してたことを思い出しましたよ。

↓以下、ネタバレ含む。








描いた絵が動き出したり、紙から離れて回転したり、プロジェクションマッピングによるダイナミックな背景にしたりと、娯楽を作る姿自体を娯楽に繋げようとするあらゆる創意工夫の詰まった演出は非常に面白いです。シュージンが体育館で『金知恵』の構造を思い付いたときにメガネにマンガのコマが映っているという細かい描写や、エイジとの首位争いをペンを槍のように使ったバトルで表現するという分かりやすくも本質を突いた表現もイイ。ペンで線を引く音がリズムとなり、徐々に劇伴とシンクロしていくシーンなんてシビれました。漫画を描くシーンは正直ちょっと飽きがくるギリギリのラインでしたが、それでも新鮮な驚きのある様々なやり方でそれをクリアしており最高に楽しいです。

恋愛要素自体は少なくとも映画版ではそれほど重要ではないように思えますが、サイコーが漫画家を目指すきっかけ、持続するモチベーション、「もう待てない」による復活と、要所要所で亜豆の存在がキーとなっていてやはり重要。恋愛というよりはもう宣託ですね。小松菜奈は凄まじい神性のために出番は少なくてもインパクトは絶大で、病院で揺れるカーテンの向こうに見え隠れする姿なんてどこの桃源郷だって感じですよ。小松菜奈はもはや唯一神です(断言)。

高校生ながら学校のシーンはほとんどないし、将来を決めるのにも倒れたときにも親の影が全く見えないのも不自然ではあります。まあそこはあくまで主役二人が駆け抜ける青春ものということで余計なノイズを取っ払ったんでしょうが、その肝心の二人であるサイコーもシュウジンもなかなか愛称で呼ばれないので、一応フルネームが映るカットはあるものの、二人の名前がよく分からないまま中盤まで進むのはコミック未読の人にはちょっと不親切。僕もだいぶ前に一度読んだきりだったので「サイコーともう一人はなんて名前だっけ?」とモヤモヤしながら観てました。あとこれはそもそもの原作の構造上言ってもしょうがないんですが、ジャンプのアンケート至上主義の中でどう人気を取るかという話なので、描きたいものを描くのではなく人気の出そうな物語や絵柄を練る作戦というものが大事なように思えてくる。実際は作家のクリエイティビティも反映されているのでそこまで気にはなりませんが、ああやっぱジャンプは大変だなあとは思います。

でもそれはシビアなお仕事映画としての側面でもあるんですよね。日本で一番売れてる漫画雑誌でどう連載を続けるか、そこにはロマンだけでは成立しない妥協や苦悩も山のようにあります。賞を獲ってもすぐ連載というわけではないし、連載されても打ち切りにあって田舎に帰ることもある。一方で作家と共に歩む編集者にもそれはある。新連載会議でなんとか担当の作家を推したいという編集者同士の胃の痛くなるような争い、しかも編集長がリリー・フランキーという現場は相当イヤンな雰囲気。その双方を描くことがフェアであるし、山田孝之演じる服部の「迷ったときは作家に付く」をちゃんと実践するところで熱さも出してきます。漫画家同士が集まった打ち上げシーンに見るライバルだけど仲間という連帯感、そしてお仕事といいつつもクリエイティブな世界だからこそ目の前にそびえる「天才」の存在。そんな幾重にも立ちはだかる困難や様々な人々との繋がりを経て成長していくサイコーとシュージン、という青春ものとしての面白さもあります。さらにはジャンプに負けた叔父さんの敵討ち感もあったり。意外と多層的なんだけど、バランスの取り方が絶妙なのでバラけた感じはないですね。特に素晴らしかったのが仕事場に来たエイジにより原稿にペン入れされてサイコーが涙するシーン。勝手に原稿に手を入れる怒り云々の前に、エイジの描く線がまさに自分の理想とする線であるのが分かってしまうからこその悔し涙。エイジも敢えてそれをやっているのでしょう。この残酷なエールには泣きます。

冒頭からジャンプ漫画の歴史をなぞるような映像があったり、『スラムダンク』話などで盛り上がったり、エンドロールで度肝を抜かれたり(ちなみにジョジョのコミックス柄は美術さんに使われてました)と、漫画愛が炸裂しています。漫画愛と言うよりはジャンプ愛か?という気もしなくもないですが、子供たちが本屋で買ったジャンプを持って、読むのが待ちきれないとばかりに駆け出していくシーン、あれが入っているから全て許せます。思わず泣きましたよ。そしてラスト、登りつめた後あっという間に転落しての卒業式、それでも悲愴感はなく新しい漫画を描くことへの熱意に満ちている。漫画家になる夢を叶えながらも厳しい現実を目の当たりにし、アンケート順位にも散々振り回されてきたのに、新しい漫画のアイデアに「それ面白そう!」と目を輝かせる。漫画は読者に読んでもらって初めて漫画になる、でも自分達が面白いと思えるかがまず大事なんじゃないか。ウケるための作戦をひたすら考えてきた後だけに、そんな思いを感じさせる着地点が爽快です。

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/981-cfecd1c9
トラックバック
back-to-top