2015
09.09

旅立ちのための旅立ち。『ロマンス』感想。

romance
2015年 日本 / 監督:タナダユキ

あらすじ
小田急電鉄全面協力。



新宿・箱根間を走る小田急ロマンスカーの車内販売アテンダントの北條鉢子は、商品を盗もうとした男・桜庭を捕まえるが、なぜか桜庭と二人で何年も会っていない母親を探しに行くことに。奇妙な二人の小旅行を描く、大島優子主演、タナダユキ監督のトラベル・ドラマ。

主演が大島優子というだけでかつて優子推しだった身には美味しいわけですが、それを抜きにしてもとても良かったです(以下、優子優子うるさいですスマヌ)。仕事のできるロマンスカーのCA北條鉢子は今日もいつもと同じ仕事を繰り返すだけのはずが、母から届いた手紙を万引き男・桜庭に読まれてしまい、促されて一緒に母を探す旅に出ます。桜庭をダメ男呼ばわりする鉢子、というコメディタッチの小旅行が展開されるなかで、徐々に明かされていく過去の辛い記憶、現在の苦悩。そしてそれを乗り越えるための優しさ。なんだろう、凄い響いてしまいました。観終わった後に思い出してると泣きそうです。

『紙の月』では現実的な女性という感じが上手くハマっていた大島優子、本作では彼女の器用で強気なイメージを出しながらちょっと脆さもある、というのが良いです。大倉孝二の飄々としながらも地続きでシリアスも出来るという持ち味も存分に活かされてますね(こういう役は最近は大泉洋ばかりだった気がする)。ずっとおっさん呼ばわりされるのは不憫ですが、優子に言われるならそれもいい……優子の微妙にダサい私服姿とコーディネートしてもらった後の可愛さのギャップがまたね!キュートね!あと杉作J太郎の不意打ちには「ブフォ」って吹きます。

箱根の景勝地を巡る観光気分も堪能しつつ、過去の家族旅行の地から当時の感情を拾っていく。繰り返しの毎日に訪れた自分の心の内を見つめ直す旅。不安も鬱憤も全て抑え込んで生きてる身としては、小バカにされながらも気楽に回るこの小旅行が実に魅力的なんですよ。はぁぁぁおれもロマンスカー飛び乗って優子と二人どこか行ってしまいたい……どこかと言っても自動的に箱根になるけど……

↓以下、ネタバレ含む。








優子の演じる鉢子は仕事はそつなくこなし成績もいいものの、どこか満たされてない雰囲気が漂います。寝たままの彼氏は金を無心してくるし、コネで入った同僚の後輩はどんくさくてミスばかりの上に反省の色が見られない。この同僚・久保ちゃんのイラッとさせ具合は絶妙ですね。そんななか何年も会ってない母からの手紙、万引き男の捕獲、それを許してしまう駅員、去ってしまった電車、さらには手紙を読まれてしまうという普段ないトラブルと苛立ちに、ちょっと投げやりになってる感じもします。鉢子が桜庭に引きずられるように旅に出てしまうのは若干の唐突さと無理矢理感がなくもないですが、その投げやりさと溜まった鬱憤が影響してるんでしょう。何より母の自殺の可能性を指摘されてるから行かないわけにもいかない。

一方の大倉孝二演じる桜庭は、最初は万引きして逃げ出したり人の手紙を黙って読んだり強引に連れ出したりとちょっと不快な人物として描かれますが、その最悪の関係が彼の調子のいい人柄にほだされて徐々に馴染んできます。最近の子は『マイ・フェア・レディ』や『E.T.』を知らないと嘆くところでは親近感わきますね(指と指をくっつけたくなる気持ち、分かる)。彼は映画プロデューサーとして手掛けた映画がコケたことを笑いのタネにしながらも、実はその裏に夢を追って挫折したツラい現実が見えてくる。お調子者な明るさは元来のものだとしても、現実を忘れようと無理してるところもあるのは「もう少し付き合って」と言う必死さにも表れてます。一言で言えばドン底なわけで、鉢子の母の手紙に自殺を感じたのは自分も命を断つという選択を無意識に思い浮かべていたからかもしれません。それを止めることが自分を救うことだという、錯覚に近い思いを持っていてもおかしくないです。

鉢子の母親は男にだらしなく、娘に豪勢なものを食べさせながらも食事中にタバコに火を付けるところからも、自分がダメだと分かっておらず一人が寂しいから人にすがるタイプなのでしょう。グラサンかけてるのは殴られたあとを隠してるのかな?そんな母との過去は苦味を伴う古傷でしかなかった鉢子は、やがて父を含めた3人で楽しく観光地を回っていたことも思い出していきます。失われた関係性を忘れようとしていたことに気付き泣く鉢子を、夢に破れ現実を忘れようとしていた桜庭は押し倒しますが(優子に何すんだ!とキレかけましたが)思いとどまり涙する桜庭。押し倒しされたときだけ優子のモノローグが入るのはちょっとなあとは思いますが、このシーンの長回しは勢いと後悔と笑いと優しさがワンカットに全て込められており、とても良いです。ロマンスには発展しないのに十分ロマンティック。

旅を終え帰って来た二人の改札前での別れがたさは楽しかったからこそであり、本当にせつないです。それでもこの旅で自分を振り返った二人は、よりいい日へ旅立つために別れて行く。桜庭は交番の優しげな警官の脇を通りすぎながら、自分には逆に厳しく待ち受ける現実へと踏み出していきます。仕事に戻った鉢子は、ドアの前でワゴンを押し出す前に冒頭ではひとつため息をついていたけれど、終盤ではそれがないんですね。あっさり母親にも再会し、それに笑顔で立ち向かう鉢子。小さな旅で得た大きなロマンスは、新たな旅立ちのきっかけとして二人を支えていくのでしょう。

それにしても杉作さんの「デブは朝からカツサンド」は名言ですね(名言?)。ああ……優子と二人で旅に出たい……(また言ってる)。

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/967-58217e03
トラックバック
back-to-top