2015
04.15

水の惑星で生きていく。『翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~』感想。

gargantia
2015年 日本 / 監督:村田和也

あらすじ
サルベージ♪サルベージ♪



一面の海に覆われた惑星を行く大船団ガルガンティアで、レドが相棒チェインバーと別れて半年。仲間たちと新たな生活を送っていたレドは旧文明のサルベージに参加するが、そこに思いがけない脅威が襲い来る。2013年にテレビシリーズ放映されたSFアニメ『翠星のガルガンティア』、その続編となるOVA。前後編ですが一つの物語として扱うことにします。ちなみにテレビ版の鑑賞は必須。

まずはテレビ版の後日談が語られる前編。SFロボット成分はすっかり減ったけど、元々大海原や巨大船や重機ロボットであるユンボロなどの絵面が好みなのもあって、ああガルガンティアに戻ってきたーという感じが嬉しい。レドやエイミーを始め、ピニヨンやベローズ、ラケージの姉御、リジット船団長、配達娘たちと懐かしの面々も総登場、メッセンジャーに新キャラのリーマも仲間入りし、海洋アドベンチャーとして良い感じです。チェインバーが回想だけなのは寂しいですが……と思いきや、その辺り後編に期待を抱かせる作り。

そしてその後編では、前編ラストの不穏感が一気に弾けます。冒険サルベージに加え、海戦シーンや新ロボ・マズルの登場が描かれ、この世界の意外な拡がりを見せてくれます。チェインバーのいないガルガンティアなんて……と思うんだけど、そこはちゃんと繋がってるんですよ。

技術が後退した世界に圧倒的な武力が存在したらどうなるか、というテレビ版で描いたテーマの一つをさらに逼迫した設定として物語を紡ぎながら、レドとチェインバーの関係を追体験していくかのよう。馴染みのキャラの意外な一面やバトルシーンのクオリティも良いです。続編として及第点。

↓以下、ネタバレ含む。








大海原で自然と共存する大船団ガルガンティア、そこに全く異質な存在である戦闘ロボット・チェインバーとそのパイロットである軍人レドを放り込むことによる展開を描いた本作。一見『ウォーター・ワールド』かと思う世界観はしかし、人が争うことの無意味さ、戦争の道具ではなく生活の一部としてある技術、感情を持たずただパイロットに有益になるよう論理的なことを言ってるだけのチェインバーに感じてしまう仲間意識や友情、といったものを描いており、さらに大船団ならではの覇権争いや、この星の生命の謎、レドのいた世界との関係などが語られました。

今作ではレドとチェインバーの関係をリーマとマズルが担っています。実は陸の国からレドの知識と技術を狙ってきたリーマは、ガルガンティアの面々に触れるうち、その活き活きと生活する姿に共感を抱きます。国家のためという価値観が揺らぎ、自分や家族や仲間のためという自然な生き方に惹かれる、この辺りはレドと同じなんですね。最後にリーマを救うマズルにレドを救ったチェインバーを重ねることで、政情や思想に囚われた者が認識を改めるというのを再度描いています。リーマを映す映像を見せることで長い時間を一緒にいたことを示しつつ、ずっと見守っていたことを暗に告げるマズル。謎の言語を喋り続けていたマズルが最後に言う「リーマ、私のパイロット」は短いだけに胸に迫ります。ラストにチェインバーのコクピットを映すことからも、これが「若者が出会いと別れを経験し、自らの道を見つけていく」という本編から一貫して描くテーマなのでしょう。

チェインバー自体は登場しないけど、マズルのデザインも結構好みなので良かったですよ。八艘飛びのようなジャンプ移動で敵船の砲頭だけを狙うシーンがカッコ良いです。さすがに尺のせいもあって、せっかくの海上都市である竜宮城のくだりが少し物足りないとか、キャラによってはもう少し深く描いてほしかったとか(特にラケ-ジ姉御とその変装に気付かないピニオンの関係とかね)、若干駆け足感もなくはないですが、しっかり世界観を拡げるということまでやってるのは上手いんじゃないでしょうか。てっきり全陸地が水没したのかと思っていたので陸があるというのは驚きでしたが、そこでは長く続く争いの歴史があるということを匂わせてたり、レドとは道を違えるリーマがその後どうなるのか、平和と豊かさの象徴であるガルガンティアはどんな局面を迎えるのかなど、まだまだ続くような作りにもなっているので続編も期待したいところです。


翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~ 前編 [Blu-ray]翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~ 前編 [Blu-ray]
(2014/11/21)
石川界人、金元寿子 他

商品詳細を見る


翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~ 後編<最終巻> [Blu-ray]翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~ 後編<最終巻> [Blu-ray]
(2015/05/27)
石川界人、金元寿子 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/911-7d75d848
トラックバック
back-to-top