2015
03.11

さよなら故郷。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』感想。

gundam_the_origin_1
2015年 日本 / 監督:今西隆志

あらすじ
通常の3倍。



『機動戦士ガンダム』をコミカライズした安彦良和の『ジ・オリジン』、10年越しで完結したその作品の中から幼き頃のシャアとセイラさんのエピソードを抜粋して、作者自らが総監督でアニメ化。これがすげー面白い!以下、ファーストガンダムを知ってる体で書きますよ。

時はU.C.0068、つまりファーストガンダムの舞台である一年戦争のU.C.0079より11年前。まだまともなモビルスーツもない時代です。ということでメインは謀略渦巻くお家騒動。しかしこれが必要以上に暗くせず、アクションとサスペンス、親子ドラマにスパイものまでブチ込み、ユーモアまでふんだんに盛り込んで、62分とは思えない密度。

モビルスーツ戦と呼べるものは冒頭しかないんだけど、にも関わらず全く飽きません。その戦闘シーン自体の迫力もスゴくて3DCGならではの立体的なファースト世界の再現に大興奮。さすがはシャア、動体視力に喧嘩を売る3倍クオリティ。そしてまさか「赤い彗星」と呼び始めたのがあの人だったとは!劇中には旧型ガンタンクが登場し、戦車戦としてのシビれるバトルも見せてくれます。

ファンじゃなくても面白いとは思うけど、知ってる人には各キャラの若い頃がたまりませんね。特にランバ・ラルとハモンさんの魅力は絶品。大好き。和風好きのギレン、不死身すぎるドズル、まさかのお色気担当キシリア、とザビ家も元気。やはり安彦キャラはイイ。

原作は途中までしか読んでなかったのでこのエピソードは知らなかったんですが、ここを映像化しようというのは尺の関係はあるにしろ面白いチョイス。続編が秋とか本当にツラいです。というか『ジ・オリジン』全部映像化してくれ…!

↓以下、ネタバレ含む。








モビルスーツの3DCGに違和感を覚える人もいるかもしれないけど、いまやロボットアニメは全てこれなのでもう慣れた方がよいですね。それにしても冒頭の戦闘シーンを見てるとザクことMS-06がいかに完成されたモビルスーツだったかってのが分かります。並みいる艦船を凄まじいスピードで撃破していくシャアザク!これはまさに「赤い彗星」だと画的に納得させてくれるのがイイですね。もう連邦軍成す術なし!後の黒い三連星など名だたるジオン兵が出てるのも嬉しいところ。

物語はダイクン家とザビ家にラル家が絡んだ一大謀略もの。後にジオンの名を冠することになるザビ家がいかにして権力を握るかが描かれます。どれだけの人格者なのかが民衆の熱意で表現されるジオン・ズム・ダイクン、彼の周囲に渦巻く荒波に翻弄される息子のキャスバル少年。彼がなぜザビ家への恨みを胸にシャア・アズナブルとなるのか、その発端がここにあるわけですね。父を失い、母と別れ、マモーみたいな婆さん(実はジオンの正妻)に絡まれたり、声のデカい爺さん(ランバの親父)と狭いコンテナに閉じ込められたり散々です。

それでもダイクン家の長子として決して怯んだりはしないキャスバルくんが健気ながら凛々しい。キシリアの拘束プレイも上から目線ではねのけ、ガンタンクで見事に敵機を沈めてその才能の片鱗を見せるなど、大器の予感も申し分なし。ただですね、アルテイシアちゃんの向かうところ敵なしな可愛らしさの方が圧勝しているため、タイトルロールであるキャスバルが色々飲み込んで耐える役になってしまうというのが不憫です。がんばれお兄ちゃん。ちなみにアルテイシアが「優しい子だね」と言われた時に「ああこんな可愛らしい子が軟弱者と罵りながら平手打ちするようになるんだな」と思ってしまいました。感慨深いです。

ザビ家にもう一人兄弟がいたというのは初めて知りました。ドズルの顔の傷が戦闘で付いたものではないとかその前に不死身すぎるとか、キシリアがこの頃から野心溢れる雌ヒョウだとかあのヘンな兜は何なんだとか、細かい点が面白いです。一番謎なのがギレンですよ。何なのあのズギャーン!ってエフェクトが過剰な囲碁ゲームは。将棋ガウンが様になってるのはいいんですが、特に何もせず囲碁に興じる姿には一瞬『機動戦士ガンダムさん』が混ざってるのかと思いますね。そんなザビ家と渡り合う若き日のランバ・ラルのカッコよさ、ハモンさんの美しさ!時に大胆に、時に相手の裏をかく脱出劇はスパイ映画でも観ているような、まるでルパンと不二子のような。ハモンさんがガンタンク内でブチかますところは喝采ですよ。そしてますますキャスバルくんの影が薄くなる……。そう言えばキャスバルの声が田中真弓というのは個人的にはちょっと違うと言うかイケメンなパズーか!って感じでした。ナレーションが永井一郎じゃないのはどうしようもないとは言え寂しいですね。でも大塚明夫ならOK。

続編の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア』は2015年秋公開予定。今度はあの人やあの人も登場するらしい!早く観たいぞ!


機動戦士ガンダム THE ORIGIN I [Blu-ray]機動戦士ガンダム THE ORIGIN I [Blu-ray]
(2015/04/24)
田中真弓、潘めぐみ 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/895-d5a5b010
トラックバック
back-to-top