2015
03.05

潜入はツラいよ。『スペシャルID 特殊身分』感想。

special_id
特殊身分 Special ID / 2013年 中国・香港 / 監督:クラレンス・フォク

あらすじ
早く刑事になりた~い。



香港の闇組織に生きる潜入捜査官ロンが、本土の女性刑事ジンと共に元弟分と戦う姿を描く、ドニー・イェン主演のアクション。久々のドニーさんですよ!

宇宙最強の男ドニー・イェンが無頼な潜入捜査官として悪党どもをなぎ倒す!今回のドニーさんはタトゥーだらけでチンピラ感ハンパない上に結構なマザコ……母親思い!話的にはわりとぬるいし、もっとこう「無双!」って感じかと思ったら意外と暴れ足りないですが、代わりに可愛らしさ大幅アップです。何かすぐ屋上に上がってヒロインとイチャイチャするしな。まあベタベタするほどではないのでそこが逆にキュートなんですが。

とは言えアクションはさすがの見応えです。敵に囲まれた火鍋レストランからの大脱出バトル、カーチェイスをやりながら狭い車内を使っての攻防など、小物やシチュエーションも駆使した香港映画らしい懐かしさがありつつも、サシの勝負ではMMA(総合格闘技)主体の緊張感溢れるバトル。ドニーさんのジャンピン回し蹴りはやはり美しい。

特にアンディ・オンとの爆裂勝負は激アツ。アンディ・オンは『激戦 ハート・オブ・ファイト』での最強ぶりや『クリミナル・アフェア 魔警』の刑事役も記憶に新しいですが、今回はさらに出ずっぱり。あのルックであの強さというのがすげーカッコよいです。ナイス腹筋!そして女刑事役のジン・ティエンが素晴らしく可愛い!ドニーさんとのやり取りで強気で正義感の強さも出しつつ、アクションも頑張ってて満足です。ちなみにスタント・コーディネーターの一人は日本が誇るアクション指導、『るろうに剣心』の谷垣健治ですよー。

潜入捜査ものとしての悲哀や緊迫感はほとんどなくて、強いて言えば「中国の清掃業者って怖いな」くらいですが、悲壮感が薄いぶん気を楽にして楽しめまるのが長所になってます。夕陽を背にしたドニーさんのラストカットがゴキゲンすぎて吹きます。

↓以下、ネタバレ含む。








清掃業界を仕切ってるのが裏社会のチンピラたちでその縄張り争いが事の発端というのが、そういう社会が事実だとしてもドラマ的にちょっとスケール感に欠けるというのはありますね。ボスは床屋だし。母親をカットしながら脅すのはなかなか息を飲むシーンでしたが、そもそも潜入捜査の現場に母親を連れてきて住まわせるというのがマヌケというか斬新というか。身近なところに潜む危険、というのを出すにはもっと凄惨な場面も必要で、でもそれやっちゃうと作品のトーンが大幅に変わっちゃうから、まあそこはこれくらいでいいかな、という気もします。

でもそんな緊迫しそうでそうでもない絶妙なユルさが却って心地よいですけどね。しょっぱなからアレですよ、麻雀パイ食わせるの。これが残虐そうで意外とそうでもないと言うか、食わせちゃったら次の局が出来ないだろうとかどうやって国士無双揃えたんだとかは思います。あと火鍋の店で酒を勧められて、酒ではなく激辛スープを飲むって何なんだアレは。汗かきながら「フゥー!」とか息を吐くドニーさん、意味ないけど面白い。ジン・ティエンとは空気銃撃ち合ったり、人を殺めたジンをドニーさんが慰めたりといがみ合ってたのが次第に親密度を高めてくるのも微笑ましい。いつも下げてたぶっとい鎖のネックレスを「お守りだ」と言って渡したりね。でもただでさえ重そうな上に、そのネックレスで首を絞められたりしてたよね……?上司が意味ありげに「スペシャルID……!」と言ってたのも特にその後は触れられずに終わってしまいました。スペシャルIDというのは要するに中国本土でムチャやっていいよってことですね?(違う)

総合格闘技は映画的には地味な気がするんですけど、そこは上手く演出していてさすがです。雀荘でのムエタイ使い(かな?)との対戦から面白いし。アクションを「面白い」と感じさせるのが映画的、と言ってもいいかもしれません。スナイパーが出て来た時は息詰まる狙撃シーンが展開かと思いきや、そこもやはり肉弾戦ですけど。カーチェイスではジン・ティエンちゃんが大開脚で頑張ってたし、チェイス後は車が高架下に落ちて「まさかこれで終わりか?」と思ったらちゃんとアンディ・オン生きてるし(どうやって脱出したんだ……)、クライマックスの最終対決感が素晴らしい格闘は結構長かったにも関わらずもっと長くても良かったくらいアガります。

事件は解決、無事に刑事に復帰も決まり、彼女とも仲良くなり、その彼女を母親にまで紹介出来て完璧なるめでたしめでたし。となればね、そりゃ夕陽をバックにジャンプして締めるという「何の青春映画だ」というくらいダサい画でもキメたくなりますよ。オールオッケーです!

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/891-ae9c5513
トラックバック
back-to-top