2014
07.10

戦え、覚えろ、強くなれ。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』感想。(その1)

edge_of_tomorrow
Edge of Tomorrow / 2014年 アメリカ / 監督:ダグ・ライマン

あらすじ
戦う・死ぬ・目覚める(直後にウジ虫と罵られる)。



桜坂洋の小説をトム・クルーズ主演で映画化。ギタイという異生物との戦争のさなか、死ぬと同じ日に戻るようになってしまった男のSFアクション。キモはもちろん戦って死んでを繰り返すループ現象です。言われることも起こることも全てが同じのなか、主人公ケイジは何度も同じ日を繰り返しながら不可解なループの原因とギタイへの勝機を探します。同じ日を繰り返すと言えば『恋はデ・ジャブ』『ミッション:8ミニッツ』『バタフライ・エフェクト』『時をかける少女(細田守版)』など傑作揃いですが、本作もその系譜に堂々と連なるでしょう。

最も特徴的なのはループのトリガーが「死ぬこと」です。で、舞台は戦場、敵は超絶強い化け物、となればあっという間に死ぬわけです。もうサクサク死にます。その繰り返しの中での経験と知識を次に活かして少しずつ進む、これが面白い。リセットしてセーブ地点からコンティニューする、まさにゲームと同じですね。実際原作者はそういったゲーム的なものを意識して書いたようです。何度も死ぬということを繰り返すため、むしろそこに悲壮感は感じさせないようにコミカルになってるんですね。だから楽しめる。ループに関してはもう一度繰り返すところ、はしょるところの選別が実に上手く、混乱もせずに分かりやすいのは見事です。

トム・クルーズが小賢しい腰抜け将校というのが面白いんですよ。いつもの強くてカッコいいトムではなく、ビビりまくりのヘタれトムです。でもそこから徐々に顔付きが変わっていき、イカすトムに進化するというのがイイ。このギャップによる見せ方も良いですね。エミリー・ブラントの戦場のビッチぶりも超イカします。『エリジウム』のものをより重厚で攻撃的に変えたような機動ジャケットも見た目に反して結構カッコいいし(戦闘シーンより車を止めるシーンの方がカッコよかったけど)。ギタイとのバトルシーンは、広い空間を縦横無尽に駆け抜ける点、昼間の明るいシーンである点、『スターシップ・トゥルーパーズ』並みの物量戦でかつ『プライベート・ライアン』並みの激戦である点などアガる要素満載。

原作からの改変は上手くやってると思うし、ラストの切れ味も良いと思います。でもなんでだろう……エキサイトしたし笑ったしで大好物なんだけど、今一つガツンと来ませんでした。これはレアな意見だという自覚もありますが。原作と映画が別物なのは重々承知の上で、おそらく僕は自分で思ってる以上に原作が好きなのでしょう。ダグ・ライマン作品は『ボーン・アイデンティティー』も2回目の方が面白かったし、本作ももう一度観れば印象は変わるかもしれませんけどね。

以下、ネタバレ含む。








戦闘能力が上っていくと言うよりは敵の動きを覚えてるという感じなんですよ。覚えゲーみたいなものなので「強くなっている」という感じがちょっと弱いんですね。死ぬ前にもっと情報を得たりすればいいのにすぐ殺しすぎなのも気になりました。そこはテンポ良くするために敢えてやってるのは分かるんですけど。あと繰り返されることに対しての空しさとか絶望感みたいなのが希薄なんですよ。途中諦めたようにリタを誘わず一人で行動したりもしますが、それも実は先に進むために違う手段を試したということだし。

簡単にリセットするのはリズムを良くしたり笑いを生み出したりするメリットがあるけど、何があっても死ねば済むように思えて緊張感を欠くというデメリットもあります。それを牽制するための設定として能力が消えてしまう条件というのもありますが、それが「輸血をされること」というのは随分地味な気もします。アルファの血を被って得た能力だから血を入れ替えることで清められるというのは分かるんですが、死ぬのが嫌になったら輸血すればいいと思っちゃう。この点は逆に「輸血されたからもう死ねない」という枷として上手く取り込んでますけどね。ただ「輸血をしてパワーを失った」と言うのがどうして分かるのかが解せないです。「感じるんだ」の一言で済まされちゃうし。

でもまあその辺りは気にしない方が楽しめますね。ギタイのフォルムが「素早いジェヴォーダンの獣」と言うか「カワイくないソニック」みたいになってるのも許容範囲でしょう。限られた時間で部隊の面子をそれなりに印象付けているし、その上でJ部隊を味方に付けるところなんかはとても楽しいです。素性を隠しある人物に成り済まして年金をそいつの家族に送ってる、なんてエピソードをサラッと入れてるのもニクい。ラストではアルファより強力なオメガの血を取り込んだことで、ギタイを倒した状態で過去に戻るという離れ業をやってのけるし、最後の最後を何も言わずに破顔するトムで締めるというのもとても良いです。やはりこれはこれで面白いですよね。


以上です。が、原作との比較についても少しだけ。以下、少々原作の内容に触れます。

後半が全く違うのは、これはしょうがないかな。ハリウッド大作としては今作の方が合ってるんだろうし。ただ、原作でケイジとリタが辿る結末、そしてタイトルの「やるべきことは殺すことだけ」が示すせつなさがあまりに心に残ってるので、そのまま映像化していたらどうなってたかなとは思ってしまいます。原題が 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ではなく『エッジ・オブ・トゥモロー』なのは、ある意味正しいのかも(原作自体がアメリカではそのタイトルだったようですけど)。

他に削られて残念だった設定やエピソードとしては、まず武器がバトルアクスじゃないこと。リタは代わりにデカい剣を使ってましたけど。次に手の甲に数字を書かないこと。これは何回死んだかあえて分からなくさせるためでしょうかね。あと技術者がメガネっ子じゃないこと、これ!日本原作へのリスペクトがあるなら最強萌え要素であるメガネっ子は出すべきだろうが!?なんでよりによっておっさんにしてんだ!……イヤ、リタのヒロイン性を際立たせるためでしょ、分かってますけど……。そして最も残念なのは、僕が原作で一番好きなシーン、リタが涙を流すシーンがないことです。ラストが違うので「ジャケットを空の色にする」という泣けるエピソードももちろんなし。

色々言いましたが、映画が原作を忠実に再現する必要はないと思っています。映画は映画で面白い。だから映画を気に入った人は、ぜひ原作も読んでみてほしいですね。映画とは異なるケイジやリタが、また違った輝きを見せてくれますよ。


【追記】2回目の感想を書きました!こちらです。
戦え、覚えろ、強くなれ。 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』感想。(その2)



オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
(2014/11/12)
トム・クルーズ、エミリー・ブラント 他

商品詳細を見る


オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D & 2D ブルーレイセット(初回数量限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D & 2D ブルーレイセット(初回数量限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
(2014/11/12)
トム・クルーズ、エミリー・ブラント 他

商品詳細を見る


All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2004/12/18)
桜坂 洋

商品詳細を見る

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/803-4cb21420
トラックバック
back-to-top