2014
06.28

決戦!海戦!肉弾戦(いろんな意味で)!『300 帝国の進撃』感想。

300_Rise_of_an_Empire
300: Rise of an Empire / 2014年 アメリカ / 監督:ノーム・ムーロ

あらすじ
300人より多いです。



たった300人のスパルタ軍が大軍勢のペルシア軍に立ち向かうという『300』の続編。前作のレオニダス王含め主要人物は皆アレしちゃったのでどうするのかというと、今作はアテナイなどギリシャ連合軍とペルシアとの戦いです。これがグラフィックノベルの映像化として前作に負けてない迫力。戦闘シーンはグロさもあるけど、怪しい美しさに満ちてます。

確かにスパルタの面々に比べればアテナイ軍はインパクトに欠けるけど、冒頭の浜辺の戦いで切りつけた瞬間稲妻が光って同時にスローになる、なんてのを臆面もなくやりやがるのが逆に嬉しくなりましたよ。長回しによる高揚感や『ジャッジ・ドレッド』を思い出すスローでの血の飛び方とかね。盾の使い方もさすがに『キャプテン・アメリカ ウインター・ソルジャー』ほどではないにしろ効果的。そして売りである海での戦い、そのバラエティ豊かな海戦は『レッドクリフ』を凌ぎます。うねる大波の上を行く大船団っていう絵面が立体的で好き。神殿から遥か下に見下ろす街並み、なんてシーンもあるので3D効果はそれなりにあると思います。

ギリシャ軍はインパクトに欠けると言いましたが、その分ペルシア軍の女将軍アルテミシア役のエヴァ・グリーンがとにかくスゴい!その身のこなし、眼力、神王でさえ動揺する迫力。さらに双剣使い。ポロリどころかドーン!と迫るおっぱいは「雄っぱい?なにそれ」と言わんばかりの凄み。しかも3Dおっぱい!くそう、IMAXで観るべきだった!

しかも前作を丸ごと中に取り込むという続編としてのデカさ。前作で異様な神性を見せつけたペルシア王クセルクセスのプロローグもあったり(そのわりに終盤目立たないけど)。前作監督のザック・スナイダーが脚本・制作に回ってしまったため若干のニュアンスの変化と言うか、頑張って前作に倣ってる感がなくもないですが、それでも猛る男たちの筋肉バトル祭りがワッショイだし、何より物語、戦闘、残虐さ、エロ、全てを底上げするエヴァ・グリーンが最高なので十分です。

ところでギリシャが舞台なせいか、ハンマー投げ、やり投げ、船の間で幅跳び、きっかけがマラソンの語源であるマラトンの戦いなど、ちょっとオリンピックを連想させるな。そう考えると途端に爽やかに……あれ、ならないな?

↓以下、ネタバレ含む。








ズバズバ切り飛ばす手足や生首も(文字通り)出血大サービス。海戦は横から当たる、岩礁に追い込んでボコる、油をかけての火攻めと、色々あって楽しいです。和平交渉に行きながらなぜか始まるセックスも、ラブシーンと言うよりは肉と肉とのぶつかり合い、戦いです。主役のテミストクレスを演じるサリヴァン・ステイプルトンは若干真面目な堅物そうだけど、そのアルテミシアとの会見後に帰ってきて「どうだった」と聞かれたとき、真面目なだけに正直に「気持ちよかった」とか言いそうな気がしてドキドキしてました(言わねーよ)。

ただスパルタのレオニダス王の死を各地に伝えることでギリシャを一つにしようとしますが、あれって逆に「あのレオニダスが……」みたいに腰が引けそうな気がするんですけどね。彼を勇敢なる犠牲者に仕立ててそれによって結束するという描写がないのでそこが活きて来ないし、テミストクレスの演説シーンも今一つなのでギリシャが勢いを取り戻した理由が弱い。結局助けに来たのはその祭り上げられたスパルタ軍だし。「来た来た!」って感じだからまあいいんですけどね。それにしても王妃が先頭切って剣を振るう姿には「お前が戦うんかい!」ってちょっと心のツッコミが入りましたよ。あとラストショットはもう少し何か欲しかったかなあ。クセルクセスの誕生もね、実に神話っぽくて面白い(というかちょっと笑える)のが良いんだけど、もうちょい何かね。でも戦場に出る息子を心配してた父が最後に想いを託すアテナイ親子のシーンなんかは良かったです。

スパルタは民主主義や栄誉のため、アテナイは仲間のため家族のため自由のために戦うという違い、またスパルタは個人・蛮勇、アテナイは集団・智将、というイメージの違いがわずかにテイストの違いになってたりもしますが、前作への目配せは結構あるので物語の連続性は感じます。ジェラルド・バトラーやマイケル・ファスベンダー、デビッド・ウェナムなんかもほんのちょっとだけ映ったり。あと前作でレオニダスが吼えた「ディス・イズ・スパルタ!」という名セリフがありますが、今作でゴルゴ王妃が同じセリフをさりげなく言っているのがイイです。

まあ何だかんだ言ってもね、アルテミシアという複雑なキャラを全身全霊で表現しきったエヴァ・グリーンが全部持って行っちゃうんですけどね。そこの強烈な印象を残しただけで、もうこの作品はOKと言えるでしょう。


300 <スリーハンドレッド> 1&2 ブルーレイ ツインパック(初回数量限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]300 <スリーハンドレッド> 1&2 ブルーレイ ツインパック(初回数量限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
(2014/10/22)
サリバン・ステイプルトン、エヴァ・グリーン 他

商品詳細を見る


300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ 3D & 2D ブ ルーレイセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ 3D & 2D ブ ルーレイセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
(2014/10/22)
サリバン・ステイプルトン、エヴァ・グリーン 他

商品詳細を見る


300 <スリーハンドレッド>コンプリート・エクスペリエンス(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]300 <スリーハンドレッド>コンプリート・エクスペリエンス(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]
(2014/06/04)
ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディー 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/795-fad1fdb5
トラックバック
back-to-top