2014
05.20

囚われた者たちの祈り。『プリズナーズ』感想。

prisoners
Prisoners / 2013年 アメリカ / 監督:ドゥニ・ビルヌーブ

あらすじ
娘はどこだ!



田舎町で失踪した娘を取り戻そうとする父親、その失踪事件を追う刑事、その行き着く果てを描くミステリー。これは凄まじいです。

消えた娘を探して父ケラーが目を付けた怪しい人物、そいつから真相を聞き出すために行う「決意の暴力行為」は、地味ながら目を覆いたくなるほど。家族を大切にするごく普通の父親なだけに、理由はあるにせよその止まらない異常性に倫理観を揺さぶられます。しかしそこまでしながらも真相に近づいているのか全く見当違いなのかも分からないスリル。ヒュー・ジャックマンが良き父親+怒りのミュータントという今までのキャリアを反映した魂の演技です。

一方で事件を捜査する刑事ロキは、あらゆる検証をしつつ直感に従った独自の捜査で手がかりを見つけてゆきますが、同時にケラーの怪しげな行動にも気を向けることになります。ロキ役のジェイク・ギレンホールは、冷静に動いているように見えて時折見せる怒りや焦りを抑えたさまが素晴らしい。目をギュッとやる癖とかスゴくイイです。好きなんですよジェイク、カッコいい。あと容疑者の一人となるアレックス役のポール・ダノも別の意味でスゴかった。

雨で煙る街に蠢く狂気。愛する者を救うために人はどこまでのことが出来るのか。緊張感のある極上のサスペンスに、伏線の効いた極上のミステリ。アクション映画とは全く質が異なる、祈るような思いのカーチェイスにも圧倒されます。そしてラストにタイトルが出たときに来る『ゼロ・グラビティ』なみの体の震え。これは素晴らしい!

↓以下、ネタバレ含む。








父親ケラーは警察署で聴いた一言だけを根拠にアレックスへの監禁・拷問に至りますが、どう見ても常軌を逸しています。例え犬をぶら下げて虐待していてもそれが彼が犯人であるという状況証拠にすらならないし、知恵遅れのアレックスに対して怯えさせるだけの暴力や、もはや苦痛を与えているだけにしか見えない熱湯責めで真実を言わせようとする姿は、何かに囚われたようにしか見えません。妻が「彼は善良よ」というのは確かにそうなんでしょう。折れそうになる心を娘の写真で奮い立たせようとするのも悲しい。でもケラーの行動に多くの人は感情移入できなくなり、彼が一体何と戦っているのかさえ不明瞭になってくるでしょう。

ケラーは敬虔なクリスチャンです。冒頭の鹿を撃つシーンからして祈りの言葉だし、拷問のさなかにも神に許しを請うたりします。それでも悪魔の如き所業を止めない。これは己の中の神と悪魔が戦っている、と見ることもできるでしょう。やがて真犯人に辿り着きながら撃たれて穴の中に落とされますが、「撃てばいい」と言う姿は杭を打たれるキリストのようでもあり、落とされる姿は天から地に堕ちたサタンのようでもあります。このように、多分に宗教的な意味を含んでいるのは明らかでしょう。告解室のような監獄、悪魔を象徴するような大量の蛇、そして魂の解放を望む人々と、宗教的な意味合いが随所に見られます。

ただ、犯人が悪魔だとすれば神はどこにいるのか。ロキは名前からも分かるように、少なくともキリスト教の神という役割ではないので除外されます。すると神が見当たらない。復讐心に囚われた父親、文字通り囚われた娘たち、囚われの身となる容疑者、ケラーの凶行を見ながら止めようとはしない友人夫婦、あっさり命を絶つもう一人の容疑者と、そこにいるのは何かに囚われた人たちばかりで、神は出てきません。しかし結果的に物語は悪魔側の人間以外は救われるという、あの展開にしては無事な結末を迎えます。神が祈りを聞き届けたかのように。つまり登場人物たちの中に神がいるのではなく、神は目には見えない天界におり、祈り続けた父親の祈りが叶えられた、という形になるわけです。

そんなわけで信仰心を問う話だったりするんでしょうが、もう一つ、宗教とは関係ないところで良いと思ったのが、曇ったガラスや雨の車窓などのハッキリ見えないシーンが非常に多いこと。冒頭の車に乗せられた鹿からしてそうで、そこには撃たれて死んだ鹿がいるだけのはずなのに、曇りガラスのせいでよく見えません。雨に打たれた車の窓の向こうのケラーの表情がハッキリ見えないシーンもあります。それらの描写に、生死の不明、人の本性の曖昧さ、ガラス一枚向こうの人との通じ合えなさといった、様々な不明瞭さを感じます。そこにはサスペンスとしての緊張感やミステリとしてのミスリードの効果もありつつ、善良な父親が残虐な行動を起こすこともありうるという可能性の示唆さえ感じます。残酷すぎると思いながら、自分が同じ立場になったらケラーのようにならないと言えるのか、という境界線のこちらと向こう。そこを映像的にも表現している点にシビれます。


プリズナーズ [Blu-ray]プリズナーズ [Blu-ray]
(2014/10/02)
ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール 他

商品詳細を見る


プリズナーズ [DVD]プリズナーズ [DVD]
(2014/10/02)
ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/780-96fcc7e0
トラックバック
back-to-top