2014
03.26

金ではない当たりくじ。『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』感想。

Nebraska
Nebraska / 2013年 アメリカ / 監督:アレクサンダー・ペイン

あらすじ
百万ドルが当たったよ!(詐欺)



年を重ねていき人生の様々な局面にぶつかるようになってくると「大人って大変だよなあ」と思わずにいられません。子供の頃はそれはそれで悩みもあって単純に比べられるものではないんだけど、自分が子供として悩んでいた頃、自分の父親は今の自分と同じような悩みを持っていたのだろうか、などと最近そんなことを思う機会が増えている気がします。会社で嫌な目に会っていただろうか、人知れず苦渋の選択をしていたんじゃないだろうか、仲間には恵まれていたんだろうか。今の自分と同じ年齢の父はどんなだっただろう、と記憶を辿るのは思ったより難しいです。

この作品では、「あなたに百万ドルが当たりました!取りに来てね♪」という、誰が見ても詐欺まがいの手紙を受け取った父ウディと、詐欺と分かっていながら一緒に旅に出る息子デヴィッドの親子が描かれます。母と兄の反対を押し切り、頑固で無口な父と共にモンタナからはるばるネブラスカまで。しかし途中で父の故郷に立ち寄ったことで、デヴィッドは父の思いがけぬ過去を知ることになります。

父がどういう思いで母と結婚したのか、どうして子供を作ったのか、若い頃はどういう人物だったのか。そんな知りたいような知りたくないような事実を本人からや色々な人を通して知ることになる珍道中。その中で父を思う息子の優しさが際立ち、思い出しかないような街で明らかになる父の真意が暖かい。全編モノクロのロードムービーは自身の心を映す風景のようにさえ思えてきます。とても良かった。亡き父親と話したくなりました。

↓以下、ネタバレ含む。








冴えない電器店を経営し、応対した客の名前を間違えるのも冴えないデヴィッド。彼が父のわがままを聞いてしまうのは、老い先短いから自由にさせたい、と劇中では語りますが、基本的には人が好いからでしょうね。あまり激したりしないし。あるいは子供の頃あまり父に構われなかったから、それを埋めようとしたのかもしれません。でも旅する中で頑固でワガママな老人だと思えた父のイメージが徐々に変わってきます。本当の当たりくじだと思って難癖付けて金を要求してくるような元共同経営者に金を分けてやろうとする人の好さとか、入れ歯を見つけて冗談をいう息子に下手くそな冗談で返す不器用さとか、実は息子とずいぶん似ているのです。

母ちゃんはスゴいですね。人の生死から自分を狙ってた男のことまで何でもしゃべる、しかも毒舌。父が大酒を飲む理由を「母さんと結婚したからだ」と言うのも分かる気が。でもうるさくてエロいだけの婆さんかと思いきや一番便りになるんですよ。金にたかる親戚に対し「ファック・ユアセルフ!」と素晴らしい啖呵です。そんな毒舌母さんが一度だけ見せる夫への愛情。口では文句ばかりなのに、怪我をして病院で寝ている旦那の額にキスをする、あれだけで十分伝わるわけです。また父は早く施設に入れるべきと主張する兄ロスは、親父が昔借りパクされた空気圧縮機を取り返そうとします。別に仲良しでもない兄弟が、何の相談もなしに一度だけ見せる意気投合(その後のマヌケなやり取りも最高)。そしてデヴィッドは親父を笑った男エドに、溜めに溜めた怒りをついにぶつけます。描かれるのは特に仲が良いというわけでもないごく普通の家族なのに、他者が入り込めない関係性を僅かなエピソードで語るのが素晴らしいです。

ネブラスカの土地では年寄りばかり出てきます。バカ兄弟以外は、爺さんが7、8人もソファに座り黙ってテレビ見て、時折シヴォレーがどうのとかどうでもいい話をするだけ。時間が止まってるんですね。ウディに対しても過去のみんなが知るウディの姿として対すします。しかしウディはそうじゃないんですよ。昔の彼女のことは忘れてるし、なぜ結婚したかも言葉少ない。そしてそこに留まらず早く賞金を受け取りに行こうとする。人生を先へと進みたがっているように思えます。そしてそれは、彼がなぜ百万ドルを取りに行こうとしているのか明らかにするとき納得します。「何かを残したいんだ」と訴える父の姿には涙せずにいられません。百万ドルを本当に信じているのかボケかけているのかは結局ハッキリしませんが、その何かを残したいという思いだけが先行して周りが見えなくなってるだけなのかもしれません。捨てられた手紙を探しにいくと言われたとき少年のようにパッと顔を輝かすのは、その思いの強さの表れにも見えます。

金に群がる親戚友人たちに対し父を守った家族。そして最後に息子が見せる粋な行動と、それに見事に答える父の痛快なラスト。トラックと空気圧縮機を手に入れ、息子を隠れさせて颯爽と車を駆る姿は、バカにした奴らへの父親なりの「ファック・ユアセルフ」です。そしてそれを察して、笑いながらも黙って隠れている息子がやはり優しいです。


ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [Blu-ray]ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [Blu-ray]
(2014/08/20)
ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ 他

商品詳細を見る


ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [DVD]ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [DVD]
(2014/08/20)
ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/767-831c3eea
トラックバック
back-to-top