2013
12.02

そこにある、見えざる機械の手。『悪の法則』感想。

the_counselor
The Counselor / 2013年 アメリカ / 監督:リドリー・スコット

あらすじ
ようこそ、ガクブル動物ランドへ!



弁護士の男が金のため麻薬売買に手を出すもトラブルにあって命を狙われる。リドリー・スコット監督が豪華キャストで送るサスペンス。脚本は『ノーカントリー』の原作者コーマック・マッカーシーの書き下ろし。

哲学的あるいは抽象的な会話が多く、一見難解な話です。意味ありげなセリフ回し、何かを象徴するようなシーン。気を付けないと寝そう、というか体調のせいもあって前半は何度かウトウトしてしまったし(大体は覚えてますが)、ラストは「え、これで終わり!?」って感じでした。が、これが思い返していろいろ考えるタイプの作品として面白い。

そこは覚悟のない者は踏み入ってはいけない世界です。金のために裏世界に片足突っ込んだ男は、本職は弁護士であり、違法行為は片手間です。そんな中発覚したブツの横領。麻薬組織に追われ、対応は後手に回り逃げることもままならない。結果、ある意味死よりも残酷な運命を辿ります。そんな世界を表現する役者たちの渾身の演技は凄まじい。マイケル・ファスベンダーの垂れまくりの鼻水をものともしない熱演を始め、キャメロン・ディアスの妖艶さ、ハビエル・バルデムのファンキーさ、ペネロペ・クルスの無垢さ、ブラッド・ピットのしたたかさ。豪華キャストを謳うのも伊達じゃない。

『悪の法則』という邦題はちょっとなーと思ってたけど、内容的にはわりと合ってますね。『カウンセラー』だとセラピーの話かと思われそうだから変えたんでしょうか?あとね、チーター好きなんですよ、ネコ科で一番好き。可愛いよねー。

↓以下、ネタバレ含む。








横山利一の『機械』という短編小説があって、プレート工場で働く男がスパイ行為を疑われて問い詰められたり殴られたりするも、新たに職場に来た男を逆に疑ったりするようになることで「私たちの間には一切が明瞭に分っているかのごとき見えざる機械が絶えず私たちを計っていてその計ったままにまた私たちを押し進めてくれている」と感じるようになり、そのうちそいつが命を落とすに至って「私はただ近づいて来る機械の鋭い先尖がじりじり私を狙っているのを感じるだけだ」と悟る、という話です。

この『悪の法則』も同様に、見えざる機械の手により動かされる話です。決まった動きをする機械に取り込まれ、動き出したら逃れられない、そんな「法則」を描いているのですね。それはルールとか掟などとは違います。枠の中に組み込まれた瞬間から始まる法則性に抗うことは出来ない、「岐路に立っても選択はできない」のです。結果、カウンセラーは周りを巻き込みまくって最愛の人まで失うハメになります。首スパーン!とか締まる首輪とかディスク一枚に集約される残酷さとか、一見冷徹に見えることも全ては彼が覚悟なく足を踏み入れた瞬間から始まっていた摂理なのです。リドリー・スコットは前作『プロメテウス』でも枠に組み込まれた存在を描いていましたね。あちらは人類そのものを描くというスケールのデカさでしたが、本質は似ている気がします。

チーターが出てきますが、思えばそのチーターを可愛がるキャメロンはタトゥーもメイクもチーター風です。大地を疾走し獲物を狩るチーター。獲物は必死で逃げるも追い詰められ殺される。それは自然の掟、弱肉強食の世界。獲物であることを意識せず捕食者の前に出るのは愚かでしかない。食われるかもという危機意識に欠けるファスベンダー。巻き添えで餌食となるペネロペ。必死で逃げるブラピ。食われると分かってても離れられないハビエル。それらを狩るチーターのキャメロンは、蠢く様がグロテスクなナマズでもある。これは人間だからこその行為を人間世界の法則の元で見せる「ガクブル動物ランド」です。

キャメロンが最後に戦いはこれからだ、みたいなことを言いますが、これは自身が法則性に取り込まれたことを認識するセリフでもあるでしょう。大地を自由に駆ける二匹のチーターも、1頭は死に、1頭はどこかへ去っていく。チーターであった彼女もいつ捕食される側になるか分からない。そんな覚悟の言葉なのだと思うのです。


悪の法則 [Blu-ray]悪の法則 [Blu-ray]
(2014/12/19)
マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス 他

商品詳細を見る


悪の法則 [DVD]悪の法則 [DVD]
(2014/12/19)
マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス 他

商品詳細を見る


機械・春は馬車に乗って (新潮文庫)機械・春は馬車に乗って (新潮文庫)
(1969/08/22)
横光 利一

商品詳細を見る


スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/728-7d47143f
トラックバック
back-to-top