2013
11.26

次はお前だ!の意外性。『サプライズ』感想。

youre_next
YOU'RE NEXT / 2011年 アメリカ / 監督:アダム・ウィンガード

あらすじ
襲い来る動物さんたち!



両親の結婚35周年を祝福するため、別荘で久しぶりに顔を合わせた家族。そこに突然襲い来る狐、羊、狼のマスクを被った謎の殺人者たち。彼らの目的はなんなのか?果たして家族は生き残ることができるのか?というサスペンス・ホラー。

両親と成人した子供たち4人、子供らそれぞれの配偶者や恋人という計10人が凶行に晒されます。ホラーらしく音で驚かされて二度ほどビクッ!ってなりましたが(隣の席が空いてて良かったぜ)、この作品のサプライズはそんなところではないのです。予告を観て想像した家族vs殺人者ともちょっと違う。前半は家族の人となりを描くので少しかったるいですが、原題である「次はお前だ」の"次"が思わぬ方向に行っちゃう後半が痛快。最初の殺人にも意味がある、というミステリでもありますが、その展開を越えたところに醍醐味があります。

殺人者たちの黒ずくめにアニマルマスクという不気味ないでたちは、視覚的にも恐怖感を煽ってきます。しかし時折映るマスクからの映像を見てエラい視界が悪いなあ、と思ったら実はそれも伏線というのがニクイ。監督は『エイリアン』を意識したというのも納得。若干エグいシーンもありますが、ちょっとバカっぽくてなおかつ面白い!詳細知らずに観たほうがいいですね。延々リピートされるテーマ曲がエンドロールでまで流れて嫌でも耳に残るという副作用もあるよ!

↓以下、ネタバレ含む。








ギクシャクした家族のそれほど仲良くない感じって結構リアルなとこ突いてきてますね。長男は嫌なヤツだし次男はなんか胡散臭いし三男はワルっぽい。長男夫婦は倦怠期っぽいし三男の彼女は見た目は『ドラゴン・タトゥーの女』のリスベッドみたい。明るい感じの長女とその彼氏は普通な感じですが、ドキュメンタリー監督である彼氏にCM撮れと迫る長男が非常にウザい。という風に家族関係が微妙に希薄なんですね。で、この希薄さが一連の犯行を自然に見せるという効果はあるわけです。仲良くないけど殺すのはさすがに気分悪い、そんな距離感がいい具合ですね。

そんななか、若い頃のジョニデにちょっと似てる末っ子、彼が血まみれで寄りかかってくる父親を嫌そうに振り払うときにやっと仕掛けに気付きます。このあたりまでの引っ張り方がうまい。動機は単純なものですが、まさかの黒幕もいたりしてイイです。

そしてメンバーの中で最もまともそうに見える次男彼女のエリンが実はとんでもない隠し玉というのが素晴らしい。もうエリン超カッコいい!シャーニ・ヴィンソンいいですね。釘板トラップとか脳天ミキサーとか最高!追い詰められた結果ラストで殺人鬼と対決する主人公、というホラーはよくありますが、エリンはむしろ能動的に対抗し、逃げるのではなく戦うという勇気ある選択をします。その結果、結局犯人一味は全員エリン一人で片付けるという素晴らしい戦果に。もう笑うしかないです。すげーなサバイバル・キャンプって。ドアハンマーはずっと気になってましたが、まさか最後まで引っ張るとは思わなんだ。エリンはリプリーやサラ・コナーに通じるものがありますね。

最後はとてもスッキリします、残り人数的に。キレイさっぱり全滅!ラストマン・スタンディング!エンドロールのキャスト紹介が全員の死に様というのもたまらんです。


サプライズ [Blu-ray]サプライズ [Blu-ray]
(2014/04/16)
シャーニ・ヴィンソン、ニコラス・トゥッチ 他

商品詳細を見る


サプライズ [DVD]サプライズ [DVD]
(2014/04/16)
シャーニ・ヴィンソン、ニコラス・トゥッチ 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/725-1a2cff5a
トラックバック
back-to-top