2013
11.03

希望のための絶望。『魔法少女まどか☆マギカ〔新編〕叛逆の物語』感想。

madoka_magica_shin
PUELLA MAGI MADOKA MAGICA / 2013年 日本 / 監督:新房昭之

あらすじ
ナイトメアと戦う魔法少女たち。ナイトメア?



かつてない切り口で「魔法少女」という存在を元に壮大な物語を仕立てた、虚淵玄脚本の『魔法少女まどか☆マギカ』。そのテレビシリーズを再構築した『〔前編〕始まりの物語』『〔後編〕永遠の物語』に続く劇場版完全新作。前後編は観てないんですが、テレビ版に衝撃を受けた身としては、完結したと思われた物語をどう続けるのか、劇場版として納得できるものなのかが気になっていましたよ。

これが期待にたがわぬ強烈さと壮大さ。イメージの奔流が凄まじい映像は圧巻。物語は自己と他者の究極的な関係を、既存のフォーマットを元に強烈なビジュアルで表現。理想と現実のギャップに堕ちていく心。辿り着く箱庭。全てを飲み込む激情。観たかった情景と観たくなかった展開がそこにあります。

…何を言ってるかわからねーと思うが、ネタバレになるから下手なこと言えないのよね。観賞後思ったのは「うわーこれ感想書くのめんどくせー」でした。いや、面白かったんですけどね。表面だけ言うと、まさかのガン=カタが繰り広げられるアクションシーンに燃えたり、テレビ版主題歌『コネクト』が電子音で再現されてるのにニヤリとしたり、マミさんのおっぱいが非常によろしかったりするんですが、本質を言及しようとすると少々気合いが必要ですね。ちなみにテレビ版か劇場版『前編/後編』を観ないとワケわからないと思います、念のため。

ところでキュゥべえの顔のアップ、眼が一つだけ映されるところは目玉おやじのアップみたいだな、と思って観てました。

↓以下、ネタバレ含む。








魔法少女5人が勢ぞろいしている、というのがまず胸熱。ファンシーでダンサブルな変身シーンがゴージャスで、5人がそれぞれの特性を活かし力を合わせて戦うというのもイイ。これまで夢想することはあっても、本編では語り得なかった展開に背筋が震え、映画版ならではのリブート展開か!と心躍ります。しかし、同時にどうしようもなく感じる違和感。まさか夢オチではなかろうかと不安になるなか、劇中でもほぼ同時にほむらが同じ違和感を感じるのです。ここがタイミングとしては絶妙。そこからさらに膨張する地に足のついていない感じ。顔のない人々。繰り返される日常。しゃべらないキュゥべえ。ほむらは杏子を誘い隣町に行こうとするも、決して辿りつくことができない。ここはかの名作『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』を彷彿とさせます。

そして中盤の真相が明らかになるところは鳥肌もの。誰かの夢である、あるいは円環の理のどこかに存在するパラレルワールド、みたいな予想は裏切られ、事態は予想の上をいくことになります。同時にこれが本編から続く正真正銘の続編であることが分かり、しかも最悪の展開であることを知って戦慄します。

まどかは全ての魔法少女が魔女とならないよう神の立場となって世界を救う円環の理を形成したわけですが、その自己犠牲の精神は本心からまどかが望んだことだったのか。果たして後悔はなかったのか。ほむらはそれを確認するためにまどかを神の位置から引きずり降ろし、本当の気持ちを尋ねます。しかしまどかはやむを得ずしたことだと言いつつ、それでもそれが自分の望みであると言っている。「まどかが望んでいないなら救い出す」ために一連の行動を行ってきたほむらは、そうなるともう動けない。ここに来てほむらは「自分がまどかのそばにいたいから」という自分の本心を認め、それを「愛」と呼び、ついには悪魔化します。

神とは対極の立場である悪魔として、神の存在を取り込み、それをもって新たな理の世界を構築する。それは魔女以上の存在となることであり、自分の魂が未来永劫救われることのない選択。それでも大切な者を救うためにそれと同等の力で奪い取るという逆説的な手法を躊躇なく取るほむら。叛逆とは神であるまどかに対するほむらの叛逆であったわけです。しかし結局は欲望より秩序を取るまどかに、ほむらの想いが本当の意味で通じる日は来ないのかもしれません。

テレビ版は主人公であるまどかが最後の最後で覚醒して世界を救うことでタイトルロールにふさわしい存在を見せたわけですが、この『新編』の主人公は明らかにほむらです。世界に対して自分を犠牲にしたまどか、まどかのためだけに自分を犠牲にしたほむら。エンドロール後に、ボロボロになったキュゥべえ(これは今まで決して観られなかった姿でちょっと痛快)を捨て置き、ビルの屋上から身を投げるほむら。それの意味するところは己の存在の抹消なのか、さらにその先の展開なのか。絶望を希望に変えたはずの物語は、一人の少女の絶望に収束されるのでした。

さやか、杏子、マミさんについても役割があると思いますが、そこまで語るにはもう一回観ないとまとめきれないので、ここまでにしておきます。だってめんど……いや、なんでもないです。


劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [Blu-ray]劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [Blu-ray]
(2014/04/02)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る


劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [DVD]劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [DVD]
(2014/04/02)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る


劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2013/07/24)
悠木碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/717-6aa1a57f
トラックバック
back-to-top