2013
10.30

娘5人を守れ!館ホラーの総決算。『死霊館』感想。

The_Conjuring
The Conjuring / 2013年 アメリカ / 監督:ジェームズ・ワン

あらすじ
ヤバい家を買っちゃったよ。



夫婦と娘5人のペロン一家が田舎に買った屋敷で奇怪な現象が次々と起こる、という館ものホラー。超常現象の研究家として実在したエド&ロレインのウォーレン夫妻が、最も邪悪で恐ろしい事例として上げた事件が描かれます。つまり実話を元にしているということですね。もちろんウォーレン夫妻も登場しますが、これがペロン一家とほぼ同列に描かれ、さらには物語の中心にさえなっていきます。ウォーレン夫妻の伝記ものという趣きもありますね。

監督のジェームズ・ワンは『インシディアス』でも同じような館ものを撮っており、実話を元にしているとはいえなぜまたYAKATAものを作ったのかという気はしますが、『インシディアス』とは少し異なり焦点が除霊する方にまで広がるため、『リング』のような「拡散する恐怖」というものまで取りこんでいますね。そして家の中の構造を一気に見せる長回しやトリッキーなカメラワークがさすがジェームズ・ワン、冴えてます。また一家の構成が娘5人というのも緊張感を煽ります。で、しっかり怖い。

ウォーレン夫役のパトリック・ウィルソンは『インシディアス』に続く出演ですが、この人何かで観たなーと思ったら『ウォッチメン』のナイトオウルなのね。ようやく気付きましたよ(遅い)。娘の一人、クリスティンは『ホワイトハウス・ダウン』の旗振り娘、ジョーイ・キングです。可愛いです。

この手のホラーによくある「悪魔なの?心霊なの?」っていうのが個人的にはちょっと気になるんですが、まあそれは置いといて、恐怖表現は良いです。地下室とか、部屋と部屋の隙間とか、アメリカのデカい家ならではというのはあるけどビビりますよ。新鮮味は少ないけど、それはむしろ王道ということ。いろんな館ものの総決算的な完成度です。この家、「セリで安く買った」みたいなことを父親が言ってますが、いくら安くてもこんなオプション付きの家はイヤであります。

↓以下、ネタバレ含む。








地下でぶら下がった足だけが見えてて、それが水平に移動してくるのは怖い。あとシーツが風で飛んだら見えない何者かに当たるところ。これはビビりましたよ。あと冒頭とラストの人形ね。人形はベタだけど怖いですね。あの顔と汚れ具合が実に良い出来。

さて、「悪魔」という単語が出てくる時点で、これはもう宗教的観点は避けて通れないですね。キリスト教と悪魔払いは『エクソシスト』を例に挙げるまでもなく、昔から描かれてきたように切っても切れない間柄。しかしウォーレン夫妻はカトリック協会に唯一認められた悪魔研究家ではありますが、聖職者ではないのです。本来ならカトリックの神父が行う悪魔払いをやることは、いくら知識があってもリスクが高い。日本なら狐憑きに神主やら陰陽師が当たるところを、稲川淳二が除霊するようなもんです。彼らは自らの命を削ってまで超常現象に立ち向かい、結果ついには自分たちの家族にまで累が及びます。第三者だったはずが当事者になり、波及する恐怖は娘や親などの家族にまで襲いかかるのです。

つまりここがポイントで、最も怖いのは霊に体を乗っ取られることより、家族を失うことなのです。ペロン一家にしても母親がウバシャァァ!とか言ってることより、娘たちが目隠ししてかくれんぼしてるのを見るほうが怖い。家=家族であり、この館ホラーのジャンルが廃れないのは、結果的に家族を描いているからなのでしょうね。


死霊館 [Blu-ray]死霊館 [Blu-ray]
(2014/09/03)
べラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン 他

商品詳細を見る


死霊館 [DVD]死霊館 [DVD]
(2014/11/05)
ベラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/715-73f6d3fa
トラックバック
back-to-top