2013
08.15

男の尻にはワケがある。『マジック・マイク』感想。

magic_mike
Magic Mike / 2012年 アメリカ / 監督:スティーブン・ソダーバーグ

あらすじ
♪タンパの女たち~(by マシュー兄さん)



男性ストリップで働く男と周囲の人々を描くソダーバーグ監督作。主演はチャニング・テイタムで、彼の実体験が元になっているらしいです。で、とにかくチャニングが踊る!もうグリングリン腰動かしながら踊りまくります。そして脱ぐ!さすがにフルオープンではないですが、どうですかこの鍛え上げたボデー!と高田社長も絶賛しそうな肉体美をさらけ出して踊ります。このステージシーンがとにかく華やかでアガる!筋肉!尻!股間!ビジュアル的に男には嬉しくないけど(一部男性を除く)、それでも目を奪われます。

そしてステージシーンが華やかであるほど、相対的に本当のマイクが浮かび上がるという構図。事業家としても活動し、オリジナル家具を売るという夢を持つマイク。わりと序盤のほうから話としては出るのに、マイクの本気度が最初はなかなか見えない。主人公はむしろアダムなんじゃないかとさえ思えるほど。それがステージでアダムがこなれてくるほど、マイクの人間味が見えるようになってきます。ソダーバーグらしい俯瞰した視点と時折内面に肉薄する視点とで、物語に引き込まれます。

そしてやはりこの人に触れないわけにいかないでしょう、ストリップクラブ店長ダラス役のマシュー・マコノヒー!胡散臭さ満点のテンガロンのカリスマ!店長サービスではダンスに歌にとマシュー兄さんノリノリです。思わずテイタムがチャニングしちゃう!エンドロールの最後にはちゃんと歌詞をマイアミに変えて歌ってるあたり芸が細かいですね。あとターザンは踊り下手だな!

ストリップという題材にいかがわしさを感じそうなもんですが、実際は脱ぐことで肉体をさらけ出しても魂まで裸になれない男の物語ですね。それが回り道であっても自身の夢のため前向きに生きる。そんなテーマがあると考えると、意外にもこれ近作では『モンスターズ・ユニバーシティ』に近いと言えるんじゃないでしょうか。まああちらには尻は出ませんけど。

あ、男尻だけでなく女性のおっぱいも出るよ!もちろん雄っぱいもね!

↓以下、ネタバレ含む。








アダムのお姉さん役のコディ・ホーンは可愛いんだけど、うっかり「ちょっと若い頃のシュワに似てるな」と思ってしまったためにずっとその印象でした。なんかすいません。

で、その弟のアダムね。最初は彼が成長していく話かとも思ったんですが、むしろ彼は「成長しない人」でしたね。他のダンサーたちが目先の金やら大都会しか見てないのと同様、彼もまた華やかな世界に入って自身の人気は不動かのように思い、今が最高であると思ってしまいます。元々流されるまま業界に入り、ヤクについても言われるがまま売り捌こうとするあたり何も考えてない人物だし、共同経営者という話に踊らされて手練れのダラスと並んだ気でいるのも愚かしい。別に悪い奴ではないんですが、何もないところから様々なものを手に入れてしまったがために満足してしまうわけですね。

対するマイクは、物語上はお店のスターという立場から始まります。アダムとは逆ですね。既に様々なものを手に入れている。しかし向上心が強く夢もあるから、ストリップは生活のためと割り切っているのです。でも共同経営者の話をはぐらかすダラスへの不信感は次第に募るし、本当にやりたい事業には銀行が出資してくれない。努力してるし、恋愛では自分が遊びだったと知ると落ち込むし、バカの借金の肩代わりはするし、ステージにしても常に客を楽しませようとする誠実さを感じる。実はすごく真面目な人だというのが随所に見られます。

でもいつもライトな雰囲気でジョークを飛ばしながら話すから、周りにはそれがなかなか伝わらない。そしてついにブルックお姉さんに「マジック・マイクは本当の自分ではない」とブチまける。マジック・マイクという表の顔とマイク・レーンという裏の素顔、その表裏が入れ替わる瞬間です。常に前向きに行動してきた男が出来なかった行為、本当の自分を知ってもらいたいという欲求を吐き出すという行為が達成されたとき、それはマジック・マイクという仮初めの姿の終焉でもあったのでしょう。だから彼はステージを去るわけです。

チャニング・テイタムがちょっといい役すぎる気がしなくもないですが、最後が意外にも暖かい感じで終わるし、良かったです。大事ですね、前向きに生きるって。尻出すときは後ろ向きだけどな!


マジック・マイク Blu-rayマジック・マイク Blu-ray
(2014/01/24)
チャニング・テイタム、アレックス・ぺティファー 他

商品詳細を見る


マジック・マイク DVDマジック・マイク DVD
(2014/01/24)
チャニング・テイタム、アレックス・ぺティファー 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/692-fb2c5b38
トラックバック
back-to-top