2013
07.13

筋肉ハゲのアクション祭り!『ワイルド・スピード EURO MISSION』感想。

Fast_and_Furious_6
Fast & Furious 6 / 2013年 アメリカ / 監督:ジャスティン・リン

あらすじ
死んだはずのあのコを追え!飛ばすぜ!



『ワイルド・スピード』シリーズも早いものでもう6作目。ヴィン・ディーゼルがあまり好きじゃなかったせいか、実はまともに観たのは3作目の『X3 TOKYO DRIFT』と4作目の『MAX』くらいで、前作の『MEGA MAX』は観てませんでした。というか観たと勘違いしてました。不覚。おかげでロック様ことドウェイン・ジョンソンは初登場キャラかと思ってましたよ。というか「あれ?これ『G.I.ジョー』だっけ?」とか一瞬混乱しました。でも特に問題なく今作は観れましたけどね。

前々から「これは筋肉ハゲの祭典である」と聞いていたのでマジすか?と思ったら、マジでした。もう最初から最後まで筋肉ハゲ祭りです。上の画像を見るだけでも半数はハゲ or 坊主です。ロック様の筋肉隆々ぶりはもはや芸術。そのロック様のバディ役には『エージェント・マロリー』ジーナ・カラーノですよ!この警察コンビはプロレスと総合格闘技というリアル格闘家ですからね、強さの説得力が半端ない。愛してやまないミシェル・ロドリゲス姐さんも再登場し、繰り広げられるキャットファイト……いやこれはもう猫ちゃんでは済まない、雌豹の戦い!喰うか喰われるか!喰われたい!(脱線) ポール・ウォーカー、サン・カンとお馴染みの顔に加え、敵役はルーク・エヴァンスというのがまた良いです。

とにかくアクションがスゴイのですよ。様々な車が登場しこれでもかと魅せてくれるカーチェイスに興奮必至。撮影用のためだけにわざわざ高速道路を建設したらしいですからね、狂ってますね(ホメてます)。それをフルに活かしたカーアクションは絶品。そして我々は思い出すのです……戦車は地上最強の乗り物である、ということを!また、デカい飛行機使ったアクションを撮るならやはり離陸寸前が最もスリリング、ということも改めて証明してくれます。そして肉弾戦アクションも目白押し。さらにチームとして動きそれぞれに見せ場があるというバランス感も素晴らしい。久し振りに純粋なアクション映画を堪能したという感じがします。

ストーリーも悪くないです。意外にもラストのお祈りでは泣きそうになってしまいました。まあ話のつながりとしてはレティが登場とのことで、4作目の『MAX』は観ておいたほうがいいでしょうね。あと3作目の『X3 TOKYO DRIFT』、これを観ておくとラストの昂りが全然違うと思いますよ。だって……エンドロールが始まったと思った直後の衝撃の映像!まままマジですか!すいませんでしたこのシリーズナメてました。『MEGA MAX』も観ます。

ちなみに携帯にロック様から着信した時の名前表示が「SAMOAN THOR(サモアのソー)」ってなってた気がするんだけどこれは前作で何かネタがあったのかな?やっぱあれか、ロック様がムジョルニア持ってても不自然じゃないからか。

↓以下、少し内容に触れます。








滑走路なげーよ!何キロあるんだよ!……よし。(落ち着いた)

チーム感が強く、皆に見せ場があるのがとても良かったです。ちょいちょい入るコミカルなやり取りも意外と邪魔じゃない、というか却ってキャラへの愛着を持たせてくれますね。ちょっと「ファミリー」を強調しすぎてマフィアみたいになってますが、まあ許容範囲です。ショウ率いる敵方もまたチームなので、チーム戦として見れるのもいい。ハンとおでこ君(ローマン)が二人掛かりでも敵わなかった格闘強い奴が、戦車運転して終わってしまったのはちょっと惜しかったですね。戦車は十分見せ場だったけど。というかこの人『ザ・レイド』の隊長か!そりゃ強いわけだ。

あと最初にショウが乗ってるF1を改造したような変な車。対向車をサクサクひっくり返すのが痛快でした。ブライアンがあえなくひっくり返された後の、敵ヒロイン去り際のウインクがもうたまらん。ひっくり返して!(脱線) あの車、似てるわけじゃないけどその異質な感じからか何となくバットモービルを思い出しました。

レティが出てきたせいで今の彼女がどうなるの?というのもドラマとしてはありですね。ブライアンはドムの妹ミアとの家庭の大切さを噛みしめることができて何より。しかし前も思ったんだけど、ミア役のジョーダナ・ブリュースターは未だに『パラサイト』の印象が強いなあ。襲われそうだ。一方でハンとジゼルの関係はとてもせつない。時系列的にはこの後が『X3 TOKYO DRIFT』なので、ハンが日本に来たのはこれか、と思います。このときテズが「何かあれば駆けつける」みたいなことを言うからさー、てっきりその後で「お、来たか?」とか思うじゃないですかー。そしたらアレだよ!サプライズにもほどがあるわ!!(興奮しています)

それにしてもやはりインターポール・コンビは凄い。ジーナの飛び付き腕ひしぎとかシビれますね。車にはねられても大丈夫だしね。あとロック様とは気軽に握手できないということがよく分かりました。


ワイルド・スピード EURO MISSION ブルーレイ+DVDセット(E-Copy) [Blu-ray]ワイルド・スピード EURO MISSION ブルーレイ+DVDセット(E-Copy) [Blu-ray]
(2013/11/20)
ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー 他

商品詳細を見る


ワイルド・スピード EURO MISSION [DVD]ワイルド・スピード EURO MISSION [DVD]
(2013/11/20)
ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/680-75fade92
トラックバック
back-to-top