2013
06.20

手にした自由、失った何か。『スプリング・ブレイカーズ』感想。

Spring_Breakers
Spring Breakers / 2013年 アメリカ / 監督:ハーモニー・コリン

あらすじ
スプリング・ブレイクではじけるギャルたちに事件が!



アメリカの大学では「スプリング・ブレイク」という春休みがあるそうで、2月から4月中旬までの長期間だとか1週間という短い期間だとか色々あるようですが、その休みに学生たちはビーチに行ったり旅行したりするんだそうです。どうもスプリング・ブレイクというと「ビーチで狂乱する若者たち」というイメージが強いですが、皆が皆春休みデビューするわけではないんですね。そりゃそうだな。いかがわしく思うのは様々な映画等の影響でしょう。ホラー映画ではシチュエーションとしてよくある気がします。まあ特に『ピラニア』の影響がデカいんですけど。この『スプリング・ブレイカーズ』は、そんないかがわしいイメージをさらに助長しそう。

退屈な学生生活から抜け出して遊びまくりたいと願うギャル4人、フェイス、キャンディ、ブリット、コティが念願のスプリング・ブレイクを過ごすも、そこで警察沙汰に巻き込まれるというお話。もうのっけから乱痴気騒ぎに湧くビーチの様子が延々と流れます。水着の男女が踊って騒いで密着しておっぱい出しまくります。期待ど……予想どおりのおっぱい祭り。音と光の洪水のなか、何度も繰り返される台詞、細かく前後して映されるシーン、砂粒のようににじむ映像の変化、とサンプリング感満載。

ところが、そのままの勢いで突っ走って出会いや別れにほろ苦さを味わう青春の一幕、という展開かと思いきや、そんな生易しいものじゃないのです。確かに最初はセックス・ドラッグ・ヒップホップな感じ(あとおっぱい)ですが、中盤から祭りは収束し、どんどんヤバそうなそうでもないような(どっちだ)状況になってきます。映像と音楽で引っ張られ、気付けば予想以上に面白い。ジェームズ・フランコがドレッドの総銀歯ラッパーで、今までとは別人のように登場するのが意外とハマってます。ピンク髪の子は監督の奥さんだそうです。おっぱい担当です。

自由と解放の象徴として描かれるスプリング・ブレイク。しかしいくらずっとここにいたいと願っても、この物語では単に現実逃避したい者、その場限りの享楽に溺れる者は残れません。これは人間の本質を浮き彫りにする強烈なイニシエーションです。効果音として何度も挿入される撃鉄の音は覚悟を迫るカウントダウン。子供から大人への変化というより、エイリアンさえ食い尽くすモンスターを解放する話です。それはつまり自由を手にするということ。そして何かを失うことなのです。

↓以下、ネタバレ含む








黒髪のフェイスは一時的に現実から逃避したかっただけ。彼女は冒頭の強盗にさえ参加していません。ちょっとした刺激が欲しかっただけの甘ちゃんは、想定外のトラブルに「こんなはずじゃなかった」とあっさり退場してしまいます。ピンク髪のコティは4人の中で唯一のおっぱい担当ですが、これは目の前の快楽をむさぼることの象徴。その場が楽しければよかったのです。この娘だけ肝心なときに寝てばかりだったし、強盗のときもドライバー役で、ど真ん中の実行犯ではありません。そして、終わるはずの祭りをダラダラ引き延ばしたことで銃弾という代償を受けることになります。残ったキャンディとブリットのブロンド二人は、金のためにゲーム感覚でダイナー強盗するくらいだし、ギャングを手玉に取るほど肝が座っている。裏の世界に対応できる本物だけが残ったわけです。

ギャングのエイリアンは「立ち塞がる壁」でしょう。安寧な生活と危険な裏社会とを隔てる境界線としての壁。フェイスはその壁に阻まれ、コティは壁の前をウロウロして終わります。しかしあとの二人はその壁に穴を開けて、しかも挿入までし、壁の上で嬌声を上げ、壁が壊れたあとはその跡を颯爽と走り抜ける。境界線を超えるべくして超えた二人にはもう恐れるものなど何もない。その姿には神々しささえ感じます。だから銃弾は全く当たらないのです。

逆説的ですが、エイリアンが体現する「壁」は、危険なもの、厄介なものから彼女たちを守る愛情でもあります。だから優しい目元をしたフランコはこの役に非常にマッチしますね。ラストの突入前に母親という「根源的な愛情」の象徴に別れの電話をし、全てをぶち壊した二人は、フロリダで自分たちを守っていたエイリアンという愛情にも別れのキスをします。事あるごとに繰り返された「スプリング・ブレイク、スプリング・ブレイクよ永遠に」というエイリアンの呪文のようなセリフを引き継いで、二人は永遠のお祭りを続けるべく、いずこかへと去っていくのです。守られることからの解放に自由を感じつつも、どこか寂しげな表情を浮かべて。


スプリング・ブレイカーズ [Blu-ray]スプリング・ブレイカーズ [Blu-ray]
(2013/11/22)
ジェームズ・フランコ、セレーナ・ゴメス 他

商品詳細を見る


スプリング・ブレイカーズ [DVD]スプリング・ブレイカーズ [DVD]
(2013/11/22)
ジェームズ・フランコ、セレーナ・ゴメス 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/671-f11f320d
トラックバック
back-to-top