2013
06.08

SFとしての説得力。『オブリビオン』感想。

Oblivion
Oblivion / 2013年 アメリカ・ロシア / 監督:ジョセフ・コシンスキー

あらすじ
西暦2077年の荒廃した地球、地上を監視するジャックは墜落してきた宇宙船に謎の女性を見つける。



こういうSFサスペンス大作は久し振りです。『プロメテウス』があったけど、あれは一応モンスターパニックの系譜を持つシリーズものなので、単独作としては久し振り。あと久々だなと思うのはこの雰囲気ですね。宇宙や大空のような広い空間をバックにして登場人物も少なめでなにやら不穏な謎が出てくるという。こういう静謐な空気感が好きなのでそれだけで楽しいです。

そんな雰囲気を醸し出すのが、SF要素満載で構築された世界観です。特に美術やメカ。空中に浮かぶ小綺麗なユートピアともいうべき基地TECH49、機能性とフォルムが男心をくすぐる飛行艇、制服と作業着の中間のような白い衣装、管制室のデカいタッチパネル風インターフェイス、高い破壊力を持ちつつ機械ならではの融通の利かなさが不安をあおるドローン。そういった細部のデザインや設定が物語世界の説得力となっています。前半が少しタルいなんて声もあるようですが、この世界観をじっくり描くパートはむしろ好きです。海や砂地の広大なフィールドに砕けた月の景色とか、破壊されたペンタゴンやかつての歓声が聞こえるスタジアムとかね。イイ。

話の内容はSFに慣れた人なら目新しくはないけど、ベーシックな要素をうまく組み合わせることが非常に効果的に働いています。話の展開を予想すれば恐らく当たりますが、それでも退屈にはならない。そこに好感が持てます。見せない部分も多いから粗いって言われそうだけど、大河的スペースオペラではなくSFミステリの一編なんだから十分。むしろ見せないことで独特の味を出しています。

主人公ジャック・ハーパーを演じるトム・クルーズはほぼ出ずっぱりですが、役柄的にはむしろそれが自然。ヴィキを演じるアンドレア・ライズボローは『ビトレイヤー』でもちょっとアレな扱いでしたが、サービスカットも美しいし魅力的ですね。不覚にも途中で寝ちゃった『トロン:レガシー』の監督なので若干不安はありましたが、杞憂でした。いいよーこれ。何より壮大な風景と派手な爆発は大スクリーンで観るべきです。そしてジュリア役のオルガ・キュリレンコのカワイさにやられるべきです。やられた。超カワイイ。

↓以下、ネタバレ含む。








劇中プロコル・ハルムの「青い影」が流れるのが良かった!あの曲大好きだからちょっと泣きそうになりましたよ。

でね、ドローンの怖さがイイんですよ。発する音がデカいのがまず怖い。動作が機敏なうえに撃たれれば消し飛ぶ殺戮兵器を積んでいてしかも容赦がない。そして大きすぎず小さすぎない現実的なサイズ。エイリアンが出てこなくてもこれだけで十分脅威を感じます。それが3台も集まって空中戦をやるんだから燃えます。そして機械だからこそ、その目を誤魔化す戦い方ができるってのもいい具合に作用してます。

そう、黒幕が判明後も、敵の姿は全く出てきません。過去はともかくここで語られる物語の中では姿なき侵略者です。まるで機械の反乱でも見ているかのよう。これが『2001年 宇宙の旅』を思い起こします。広大な舞台に二人だけの無機質な基地は『月に囚われた男』を思い出すし、敵船に入り込んで最後の攻撃をするのは『インデペンデンス・デイ』を彷彿とさせます。かように様々なSF映画のエッセンスを取り込んで、それでもマネてる感じはしなかったのがいいですね。(関係はないだろうけど敵名「スカヴ」ってのが『エウレカセブン』のスカブコーラルも連想します)

姿を見せない敵の代わりに何千人ものトムクルが出てきます。話によるとその何千人ものトムクルが一斉に地上にやって来たというじゃありませんか。うわ、そのシーン観てみたかった。トムクルなら大量にいても何とかセーフ、んーアウト?まあギリギリセーフでしょう。そうやって地球を殲滅させたジャック・ハーパーが、最後は救世主として立ち上がることになるというのが、過去を反転させた構図としてとても有効です。優秀であるがゆえに敵兵士にされたジャックが、今度は地球を救うヒーローとして扱われる。そしてそんなヒーローを演じるのに(そして何千人も出てきても耐えられるという点でも)、トム・クルーズはまさにハマリ役なのです。

観終わってから『Oblivion』というタイトルを振り返ると、その言葉が持つ意味「忘却」というのがこれまたハマってます。


オブリビオン [Blu-ray]オブリビオン [Blu-ray]
(2014/04/09)
トム・クルーズ、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る


オブリビオン [DVD]オブリビオン [DVD]
(2014/04/09)
トム・クルーズ、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/665-b8c96aa3
トラックバック
back-to-top