2013
05.29

前向きに生きるパワー。『きっと、うまくいく』感想。

3idiots
3 Idiots/ 2009年 インド / 監督:ラージクマール・ヒラーニ

あらすじ
三バカ学生の友情とおちゃらけと涙。



インド映画は一昔前『ムトゥ 踊るマハラジャ』が流行った頃から主にラジニカーント、シャー・ルク・カーン作品は色々観ましたが、最近は歌って踊るだけではないインド映画が増えてきたんですかね。近年は『ロボット』くらいしか観てないんですけど、あれもハリウッドはやらないであろうCGの使い方がスゴかったです。この『きっと、うまくいく』もそういう意味ではちょっと毛色が違ってる気がしてて、ダンスシーンは少なめ、むしろストーリー重視になっています。

10年間行方不明の学生時代の友人が帰ってくると聞いた2人の男が集まるところから物語は始まり、この現代シーンと、そこから過去に戻って描かれる彼らの学生時代とが語られます。この構成により物語が過去からどう繋がって現代に来るのかという興味と、行方不明の友人とはどんなヤツで何があったのかというミステリが継続します。また、中盤には予想外のサプライズがあって、これがとても捻りがあっていい。

原題が示すように基本的にはランチョー、ファラン、ラージューの3人が巻き起こす騒動を描いたコメディなので笑いが満載なんですが、それ以上に泣けるシーンが随所に盛り込まれててガッツリ泣かされます。むしろ邦題のほうが合ってるかもしれない。個人的には進路を決める一連のシーン、ペンのシーンあたりはやられましたよ。予測の付かなかったラストのオチもとても良いです。男の友情だけではなくロマンスももちろんあり。インド映画では御法度と思っていたあんなシーンが出てきてビックリこきました。

ランチョーが無条件に好ましいとは思えないとか、若干の差別的表現が気になるとか、実は引っかかるところもあったんですけどね。あれはインドならではなのかなあ。それでも面白さのほうが上回る。いとうせいこうの字幕監修も効いてる気がします。役者達も皆よかった。ちなみにランチョーことアーミル・カーンはカイル・マクラクランに似てると思うんですが!ちょっとジュード・ロウが混ざった感じで!

前向きに生きることのパワーが溢れていてステキな一本です。でもろうと型になってる建物の屋上がむっちゃ怖い。あと消音銃(サイレンサー)っていうあだ名が抜群にイイ。

↓以下、ネタバレ含む。








諸手を上げて絶賛できないのは、まず学長のあまりに器の小さい教育者ぶり。死人を出しておきながら反省がまるで見られないし、あからさまに家庭の収入額で差別したりするし。そこに学校教育や競争社会に対する批判とかがあるのかもしれないけど。あとランチョーがいいヤツなのは分かるけど、事実を知ったら絶望しそうな嘘をついたり、頑張ってる人をちょっと揶揄するような物言いをしたりしてて、それはどうかなと思いました。特にサイレンサーのスピーチ場面はラージューをこちらに引き戻そうとするためだとしても、言葉をよく分かってないサイレンサーに胸くそ悪い言葉を連呼させて、しかも会場がそれで爆笑って。さすがにあれはいじめですよ。そりゃブチキレて10年の恨みも持ちますよ。直接関係ない学長まで必要以上に愚弄してるし。まあね、その二人をイヤなヤツに描いてるからやったんだろうけど、結構ブラックな視点はありますね。

あとこれは不満ではないけど、出産シーンがリアルな図を使ってまで説明するのがずいぶん生々しい。『ロボット』でも透視して見せちゃうシーンがあったけど、やはりインドの死生観にはダイレクトなものを感じます。

それでも面白いところは格段に面白いですよ。冒頭の飛び立った飛行機を空港に戻す手段なんて斬新!『卒業』みたいに花嫁奪うのはいいけど男のほうの現状を確かめてないとかね、アホです。学長が出ていこうとするランチョーを止めるシーン、あの宇宙ペンの伏線の効かせ方は良かったですね。おおっ伏線回収したよ!みたいな。あとラージューが意識を取り戻したとき「いくつ嘘をつく気だ」ってちゃんと気付いてたのはすごくお互いの絆を感じて良かったです。そしてインド映画でキスシーンを観る日が来ようとは。しかもカメラが360度回る!という気合の入れかたね!

なんだかんだ言いましたが、笑えて泣けて上映時間170分は苦にならない。いいと思います。


きっと、うまくいく [Blu-ray]きっと、うまくいく [Blu-ray]
(2013/12/03)
アーミル・カーン、カリーナ・カプール 他

商品詳細を見る


きっと、うまくいく [DVD]きっと、うまくいく [DVD]
(2013/12/03)
アーミル・カーン、カリーナ・カプール 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/661-b415d0b8
トラックバック
back-to-top