FC2ブログ
2019
07.23

食欲と殺欲の饗宴。『Diner ダイナー』感想。

diner
2019年 日本 / 監督:蜷川実花

あらすじ
俺はァァァここのォォォ王だ!



怪しげなアルバイトに手を出したために闇の組織に捕らえられた女性オオバカナコ。彼女は元殺し屋の天才シェフ、ボンベロが店主をつとめる殺し屋専用の食堂「ダイナー」に身売りされてしまうが……。平山夢明の小説『ダイナー』を映画化したサスペンス。

自分に自信がない女性カナコが一念発起してヤバいバイトに挑んだ結果、闇組織に売り飛ばされる羽目に。そこはボンベロという天才シェフが王として君臨する殺し屋専用のダイナーだった、というクライム・ドラマ?ノワール?な一作。監督である蜷川実花の映画作品はそういえば初めて観たんですが、巷で言われるように独特な色使いによる美意識が目立ちます。横尾忠則の美術品を大胆にあしらい、カラフルという言葉では足りない壮絶な美術。そして主人公カナコ以外は全編殺し屋(正確には悪党)しか出ないんですが、その殺し屋たちの振り切った狂人ぶりを演じる役者陣が凄い。舞台的な見せ方もありつつ、映画ならではの映像で見せきります。

ダイナーの店主ボンベロ役は『22年目の告白 私が殺人犯です』藤原竜也。もう実に藤原竜也という感じで文句なし。物語の中心となる女性オオバカナコ役は『貞子vs伽椰子』玉城ティナ。名乗っただけで鼻で笑われる名前が彼女の不遇さに直結してるんですが、これを乗り越えようと見せる変化が良いです。ナイーブな孤高の殺し屋スキン役の『犬猿』窪田正孝が見せる狂気もイイ。ほか、姿は子供なのにサイコキラーというキッド役に『キングダム』本郷奏多、スペイン語を話し筋肉アピールがウザいブロ役に武田真治、闇組織の四天王として小栗旬、真矢ミキ、土屋アンナ、奥田瑛二といった顔ぶれ。チョイ役でも色んな人が出てきます。

人物はみな表層的なインパクトで勝負!という感じなので深みは全くないですが、ビジュアル優先なのは想定してたのでそこはいいです。でもダイナー+殺し屋とくれば最も期待する肝心のアクションシーンと食事シーンが、素材はいいのに撮り方が微妙すぎて残念。とは言え独特な世界観のなかで一種ファンタジックに展開する話と、懲りまくった映像についてはなかなか類を見ないものなので、不満はあれど楽しみました。

↓以下、ネタバレ含む。








何気にチョイ役に色んな人が出てたりカメオ出演的な人も多くて、そんなところでも豪勢な感じを出そうとしてますね。序盤のボニーとクライド気取りが斎藤工と佐藤江梨子で、素人女性に逃走車運転をやらせるというバカさが笑えるし、旅行代理店の適当くさい受付は川栄李奈だし、歴代ウェイトレスも色んな人がやってます(さすがにどれが誰だかまではわからず)。このクワガタ食う変態は誰だ?と思ってしばらくして小栗旬だと気付いたら次のシーンでもう死んでるし、スキンの母親は誰だ?というのは最後まで木村佳乃と気付かなかったし、使い方が贅沢。あと藤原竜也は蜷川幸雄とよく舞台をやってたということで、ボスのデルモニコ役が蜷川幸雄なんですね(実際演じたのは井手らっきょらしい)。楽屋オチくさくてイヤなんですが、それ以上に映画内でまで師弟関係押し付けなくても……とちょっと藤原竜也が気の毒になりました。

あまりリアリティを重視する作りではなくて、のっけからカナコの心象風景のような歩きながらナナメる人々が映されたり、唐突に殺し屋が来店したり、そもそも殺し屋専用のダイナーが何のためにあるのかもよくわかりませんが、とにかくそういう現実離れした、かつ閉ざされた舞台なわけです。一般人の世界とは交わらないし、カナコは文字通りダイナーに閉じ込められていますね。ただ、やってくる客の殺し屋たちもある意味閉じ込められていると言うか、己の欲望とか衝動とか願望などに囚われているというのはあるでしょう。ブロはわかりやすく欲望に忠実だし、キッドは殺しのために子供の体になるという行きすぎた枷を自分に課しているし(あの気持ち悪いのに馴染んでる感もある映像はスゴい)、スキンは母親の愛情を求めすぎて半狂乱になります。そういった客の求めるものを料理として出しコントロールするという点で、ボンベロは確かに王なんですよ。で、それに従えなければ元殺し屋らしく死を与える。「砂糖の一粒まで俺に従う。従うか、死かだ」は伊達じゃないわけですね。

なので、ボンベロにとって自分に素直に従わないカナコは「扱いづらい」となります。いやボンベロさん、最初からもっとちゃんとカナコに説明しとけばキッドに侵入されずに済んだし、スキンも死なずに済んだのに、とは思いますけど。一方カナコは自分が無価値であると思い込み、ようやくやりたいことを見つけたと思ったら日給30万円というどう考えても怪しいバイトに手を出して転落するわけですが、演じる玉城ティナの前半の怯えから後半の開き直りへの変化が大したものでなかなか魅せてくれます。殺し屋にタメ口なのがスゴいなと思うんですが、カナコの成長物語を極めて異質な状況で描くため、多少の飛躍は許容できてしまいます。周囲がみんな死んでいくなか、一人生き残るには希望を持たなければならない、というわけで四天王のとんでもないドンパチの中でボンベロがカナコに見たのは、もはや自分には消え失せた希望というものだったのでしょう。

寓話的なお話はなかなか面白かったんですが、わりと割合の多いアクションシーンが、アクション自体は結構カッコいいことやってるのに撮り方が上手くないのでどうにも響きません。同方向に飛びながら両手の銃で撃ち合うというジョン・ウーばりのシーンはどうにもマヌケに見えるし、どうせなら血しぶきの赤までも背景と共に美しく映えるような過剰なバイオレンスにしちゃえば良かった気もします。クライマックスの真矢ミキの佇まいとか土屋アンナのクレイジーさとか、画は良いんですけど。あともう一つダイナーとして肝心な要素である料理、それ自体は美味しそうなのに食べるシーンがカナコのバーガーとスキンのスフレくらいしか印象に残らない上に、食べるシーンが微妙に美味しそうに見えないため、結果的にボンベロが料理の天才という設定が実感できないんですよ。

あとボンベロが特に変わりもなくあっさり現れるというあのラストはいくらなんでも……せっかくダイナーの悲劇を乗り越えてメキシコで一人立ちしたカナコ、という余韻が台無しじゃないですか。せめて犬の鳴き声を聞いたカナコが目線をそちらに向けて笑顔になるショットで終わる、とかであれば全然違う良いラストになったと思うんですけどね。というわけで色々と惜しいし、手ブレのカメラも何かイヤだったんですが、室内で桜が散るという美意識には驚いたし、わんこと遊ぶときは楽しそうなボンベロには笑うし、弱々しそうで意外と踏ん張るカナコには愚かさと同時に親近感も。美麗な美術による独特の世界観のなか、個性的なキャラクターが暴れまわり混乱させながら、そこでサバイブした女性が見た人生の悲喜こもごもはなかなかに楽しかったです。

スポンサーサイト



トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/1560-a77e87fe
トラックバック
back-to-top