FC2ブログ
2018
08.30

暴走する正義の矛盾。『検察側の罪人』感想。

kensatsugawa_no_zainin
2018年 日本 / 監督:原田眞人

あらすじ
ポチになります。



東京地検のエリート検事・最上と同じ部署に配属された、最上の教官時代の教え子、沖野。ある日都内で発生した老夫婦刺殺事件の捜査に立ち会った最上は、容疑者のなかに時効となった過去の殺人事件の重要参考人・松倉の名前を見つける。最上は今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い詰めていくが、沖野は捜査に疑問を持ちはじめ……。雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。

ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く検事サスペンスです。かつて新人教育をしていたエリート検事の最上毅と、その指導を受けていた教え子の沖野啓一郎。東京地検で最上の元で働くことになった沖野は、担当を任された老夫婦殺人事件に対する最上の対応に疑問を抱くことになります。本作の話題は何と言っても、木村拓哉と二宮和也というジャニーズきっての演技派二人の初共演でしょう。この二人のまさに演技合戦と言うべき会話劇が凄い。現在進行の事件から浮かび上がる時効となった過去の少女暴行殺人事件を巡り、よき師弟であったはずの二人の関係は変化していきます。そこにあるのは検事としての正義の在り方であり、正しさと法の秩序の間で行き交う思いの強さはやがて激突することに。音楽が鳴っててもスパッと切ったり、さくさくシーンが替わっていったりするテンポの良さと、長台詞の応酬による臨場感で引き込まれます。

最上役は『無限の住人』木村拓哉。検事役と言えば『HERO』でも破天荒な検事を演じていましたが、本作ではそれとは趣の異なるベテランの域に近いエリート検事。キムタクの持ついかにもデキる男感と、今までのキムタク感を抑えた「悪」のイメージが共存し、闇深い圧とでも言うべき存在感を出しています。対する沖野役は『GANTZ』二宮和也。沖野のベビーフェイスながら引かない強靭さと、敬愛と正義の狭間で揺れる繊細さが良いです。恫喝シーンなどは、これまた今までのニノには見られなかった迫力。沖野の立会事務官である橘沙穂役は『真夏の方程式』吉高由里子で、なかなかのクール・ビューティっぷり。ニノとは『GANTZ』でも共演してますね。闇社会のブローカー諏訪部を演じる『探偵はBARにいる3』松重豊が、飄々としながらも底知れない曲者感を覗かせる抜群の演技。あとキムタクの娘役で『神さまの言うとおり』山崎紘菜ちゃんが出てます!

原作未読なので比較はできませんが、どうやらラストなど展開が異なる点もあるようです。その辺りは脚本も手掛けた原田監督の作家性が出ているのかもしれませんが、その改変(と思われる)箇所がどうしても引っかかるのが難点。それでもスピーディながら重厚なドラマは見応えあるし、犯人の胸糞悪さが最悪レベルなのも強烈です。悪に染まった検事を描く『ザ・キング』などとは違い、こちらはあくまでも正義にこだわる検事の話。しかし暴走した正義は果たして正義と呼べるのか。新たな一面を見せる主演二人を堪能できます。

↓以下、ネタバレ含む。








1シーンのなかで目まぐるしくカットを変えながら、食い気味で台詞をかぶせつつ会話が途切れずに続く、という作りによってスピード感ある会話劇が実現されており、これをやってのける役者陣の長台詞にも鬼気迫るものがあって迫力を増します。ニノが最初の諏訪部の取り調べで言葉に詰まるの、あれ台詞を噛んだからだと思うんですけど、でもカメラは止めないんですね。そして取り調べやサシの会話といった「対決」のシーンがとにかく緊張感があります。沖野vs諏訪部では、スルスルとかわしていた諏訪部が沖野の追及に危うく本気になりかけるところがスリリングで、かつ沖野の優秀さを窺わせます。沖野vs松倉では、気持ち悪さ全開のゲス野郎松倉に対し、凄まじい怒号に松倉の「パッ」までを織り交ぜながらの沖野の詰めが凄まじい。最上vs沖野では、最上の矛盾に頭を抱えて煩悶する沖野の、絞り出すような苦悩の言葉に重みがあります。

面白い演出が色々あるのも良かったです。最上が弓岡を撃っても一発で死なず、おののきながら撃ちまくる姿とか、丹野が妻に電話をしながら窓をまたいでスルッと落ちていくあっけなさとか。最上は部屋の棚にコレクションのハンマー(ガベル)を飾っていますが、松倉に罪を被せようとする最上が沖野と会話するときにこの戸棚が開かれていたりもします。たくさんの司法の象徴が最上を見つめているわけですね。また、強姦罪を訴える女性検事に「引くな引くな」とアドバイスするシーン、あれは何でしょうね。正義を貫こうとする仲間への激励か、最上の検事としての最後の良心なのか。あそこでああいう言動をするの、スゴくキムタクっぽいなあ。

あと松倉を演じた酒向芳の役作りが凄まじくて、お茶の水博士みたいな髪型や顔の大きなアザといった見た目の不気味さに加え、あの「パッ」と口を鳴らすのとかタップダンスとか、人の醜悪さを煮詰めたような人物造形におぞ気が走ります。何より少女を犯して殺した詳細を恍惚とした表情で話し、あろうことか腰まで振るシーンには、不快さと怒りに「ゲロ以下のにおいがプンプンするぜッーー!」となります。この人物造形による不快感は、最上の行動が正当だと思ってしまうという、ある種のミスリードでもあるのでしょう。その意味では老夫婦を刺した様子を自慢げに語る弓岡、というのもまた同じく殺されて当然のような印象を与えてきます。大倉孝二のチンピラ感が絶妙なのがイイ。ちょっと気になったのは橘の人物像。潜入ルポのために検事の世界に入った、というわりには検事の正しい在り方を説くような発言をしたりして、本気なのか芝居なのか、どういう信念を持っているのかがよくわからないんですよね。でも吉高由里子の「一緒に堕ちるから」でフオォォォッ!ってなったので大丈夫ですありがとうございます。

ただ、この事件に戦争の話を結び付けるという展開はさすがに強引すぎる気がします。諏訪部の見返りが最上から祖父の戦時中の話を聞かせてもらうというのも納得しづらいし。戦争という人が殺し合う状況では何が正義かはより曖昧になり、そんな戦争に日本を引きずり込もうとする悪に立ち向かうため、最上は検事という剣を持ち続ける必要がある、諏訪部は自分の父から戦争体験を聞いており、最上の祖父と同じ作戦に参加していた繋がりで最上に協力する、ということなんでしょうかね。辻褄は合う気もしますが、法の正義から逸脱した大きな括りの話になるので、やはりそこだけ浮いて見えます。ただ最上に絞って見れば、最上自身が祖父の参加した作戦(インパール作戦)のような愚行に走っていると考えると、「白骨街道は現代にも通じている」という得体のしれない不気味さは似つかわしいものにも思えます。

冒頭の研修シーンで、最上は検事が気を付けるべき点として「自分の正義に固執するあまり自分のストーリーに囚われてしまうこと」と語ります。まさに後の最上そのものであり、沖野もまたこの言葉を最上にぶつけます。親しかった少女・由季の無念を晴らすための暴走はもはや私怨であり、法に基づくべき検事としてはそれは正義とは呼べません。結局新たな目撃者が出てきてあっけなく松倉は無罪放免となり、最上のストーリーが日の目を見ることはなく、それどころか真犯人を自ら葬ったことで決定的な何かが欠落します。もはや松倉は法では裁けない。そして天誅を下すのは法を超えたところに蠢く諏訪部のような者たちです。最上は殺しの依頼はしないと言っていましたが、松倉を殺したのが最上の指示なのか、それとも諏訪部が気を利かせたのかもハッキリとは描かれません。一方で沖野は松倉の冤罪を知り、松倉に謝罪しようとします。老夫婦殺人については確かにそうなのでそれは正しいことなのかもしれませんが、でも謝罪なんてするのかこんな少女殺人の真犯人であるクソ野郎に?と思っちゃうんですよね。しかも仕事上知り得た情報を弁護士側にリークまでしているわけです。それぞれが許容できる部分とできない部分を持っており、白黒つけた形では終わりません。それは、一体何が正しいのか、正義とは何なのか、という観る者への問いかけであるのでしょう。

それでも最上の誘いを断り、法の正義を選んだ沖野。最上を尊敬しその後継者を自認していた沖野は、そのやりきれない思いに吠えるしかありません。この時頭上で最上が持っていたのが電話で、諏訪部に沖野の始末を依頼する連絡をしたのかと思いきや、これ電話じゃなくてハーモニカだったようです。ハーモニカ……音楽好きだった由季を偲んでいるということでしょうか。沖野の誕生日が由季と同じという話も合わせると、最上は法的に由季の恨みを果たせなかったことを罪の意識と感じ、それを拭えないでいるのかもしれません。そのためについには本当の罪を犯してしまう。「罪を洗い流す雨、そんなものはない」と言った最上の言葉は、罪人である彼自身をこの後も苛み続けるのかもしれません。

スポンサーサイト



トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/1427-a3b40b58
トラックバック
back-to-top