FC2ブログ
2018
08.24

馬鹿侍、仲間思いを救う剣。『銀魂2 掟は破るためにこそある』感想。

gintama2
2018年 日本 / 監督:福田雄一

あらすじ
坂田氏~~。



たまった家賃を払うため、銀時たち万事屋の3人はアルバイトをすることに。しかしバイト先に天下の将軍様が現れて大変なことに。一方真選組では副長の土方に並ぶほどの力を持ち始めた伊東による内輪揉めが激化、これが江戸を揺るがす陰謀へと繋がっていく……。空知英秋の同名コミック実写映画化、第2弾。

前作の実写版『銀魂』の感想で「続編も作ってほしい」と書いたんですが、まさか2017年の邦画実写ナンバーワン・ヒットになっていたとは……。そりゃ続編も余裕でできるよ!予算も倍増だよ!ということで2作目、原作好きだし前作も好きなのでそれなりに期待はしていましたが、しっかり期待通りのテイスト、そして期待を上回るはっちゃけぶりとなっています。もう冒頭からあれやそれやをネタにしてて笑います。ズルいです。物語は原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を組み合わせた内容となってますが、一部キャラを入れ替えたりして上手く再構成しながらも細部はかなりの原作再現度。実写によるギャグは全力なだけに笑えて、時々スベってるところもなくはないけど基本爆笑。シリアスパートの熱さはアクションとキメ絵によりさらに熱苦しくキメてくれます。前作を順当にスケールアップしながら、とことん真面目にふざけてて良いです。

坂田銀時役の小栗旬、志村新八役の菅田将暉、神楽役の橋本環奈、この三人はもう本当に万事屋にしか見えなくて恐ろしいほどの安心感。他の主要キャストも続投ですが、今回は真選組がメインということで土方十四郎役の柳楽優弥、沖田総悟役の吉沢亮が活躍シーン多め。初登場である伊東鴨太郎役の『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』三浦春馬がシリアス演技の筆頭としてイイ再現度です。前作で全裸素振りを披露していた近藤勲役の中村勘九郎は今回はおとなしめ、と言うかぶっちゃけヒロインですね。代わりに初登場となる将軍様、徳川茂茂役の勝地涼が酷い扱いすぎて最高です。まああっちゃんと結婚したばかりだからこれくらいはいいわな!他の初登場組としては松平片栗虎役の『本能寺ホテル』堤真一が大変楽しそうで良いです。そして予想外に素晴らしかったのが河上万斉役の『東京喰種 トーキョーグール』窪田正孝、コスプレ感が一番強いなあと思ってたんですが、さすがのアクションの良さでそれも払拭されるほど。あと佐藤二朗劇場は最高です。

パロディ、メタネタ、モザイクなど、まあふざけてます。ふざけすぎ。でもそれも徹底した世界観の再現の結果であるし、シリアスシーンの台詞の多さなども原作準拠なのでね、良くも悪くも『銀魂』らしさに満ちていて、これはむしろよくやったなと思います。もしコケても原作でネタにできるし(ってもう原作も終了しちゃうんですが)。とにかく役者陣が全力なのがイイ。コミックをストーリー、ビジュアル全て忠実に実写化しつつ、実写でそれをやるから面白いというのもあって、福田雄一イズム絶好調。このノリについていけない人も多分いるでしょうが、前作が好きなら今作も最高です。

ちなみに原作の「将軍接待篇」の床屋の話(27巻)を読み返してたら、同じ巻の別の話に「小栗旬之助」というキャラが出ていて、おお運命……ってなりました。

↓以下、ネタバレ含む。








冒頭の日本アカデミー賞ディスから、菅田将暉ディスに小栗旬はかすりもしないという自虐ネタまで、まあやってくれます。静止画バックに喋るだけというオープニングが許されるのは『銀魂』だけじゃないですかね。しかも直後にアニメ版の『劇場版 銀魂 完結編 万屋よ永遠なれ』でもやったカメラ男ネタまでかましやがります(何気にあの女性本人が出てる!)。キャバクラシーンはどんどんエスカレートしていってドツボにはまる、というパターンが最高で、将軍ゲームの取り返しのつかなさなどは最高。さすがに前作の近藤さんのフルチン素振りを越えるものはないかなと思ったらまさかの将軍フルチンですよ。しかも足軽サイズだよ。周りの女性陣が冷静な顔で座ってるのが笑います。床屋シーンはさらに酷い扱いで、髪引っ張りすぎて変形した顔とかドリフに出てくる人形かと思いましたよ。将軍だってそりゃ泣くよ。「将軍接待篇」は将軍を連れてくるのが真選組だったり、合間に土方がオタク化吹き矢を撃たれたり、将軍の様子を窺う鬼兵隊らしき影があったりして、いい感じに「真選組動乱篇」の序章にもなっており、かつ実は鬼兵隊が将軍暗殺を狙っていたという終盤にも繋がっていて、構成が上手いです。あと間の取り方やカットの切替タイミングなどが絶妙なので、すんなり笑ってしまうんですよ。

ただし今作の不満として、微妙に活かしきれてないキャラがいる、というのが残念。『海街diary』のキムラ緑子が演じるお登勢や、『鋼の錬金術師』の夏菜が演じる猿飛あやめといった新キャラはとりあえず出してみた感が強いです。岡田将生の桂小太郎も今回はギャグ要員だし。でもお登勢さんは物語の始まりを告げて終わりを締めるという点ではそれでいいのかも。さっちゃんもせっかく出すなら最後の御庭番衆のところでも活躍させてほしかったですが、キャバシーンだけというのが変態さを強調してはいるかなあ。夏菜のおっぱいと鼻割りばしは素晴らしかったし。桂はまあ前作頑張ったし、岡田将生のしゃくれ顔が酷くて面白かったからいいですかね。あれ……そこまで残念でもない、かな?考えてみれば登場キャラ数は異様に多いし、時間内に破綻のないようにと考えると、今回の配置は妥当なところなのかもしれません。

そういう意味では各人それぞれに見どころはあるという印象。銀さんの小栗旬は口調とかそこまで変えずにギャグとシリアスを演じ分けるのが上手いです。菅田将暉の新八はツッコミが冴えまくってるし、橋本環奈の神楽はちょっと変顔しすぎじゃないですか?大丈夫ですか?柳楽優弥は土方とトッシーでほぼ一人二役ですが、トッシーの演技が気持ち悪くて素晴らしいです。吉沢亮の沖田は土方を陥れたときの極悪スマイルがすげー沖田。あと山崎役の『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』戸塚純貴がすげー山崎なのも良いです。お妙さん役の長澤まさみは出番は少なめですが、ウィンクが可愛すぎて死にます(死んだ)。堂本剛の高杉は今回は黒幕として座ってるだけですが、なぜかまたスネチラ見せというセクシーショットあり。あと佐藤二朗はねー、他の人には不可能な佐藤二朗オンステージが凄いですねー。台詞の繰り返しにカメラがズンズン寄って行ったりとかやりたい放題です。前作に続き共演者笑っちゃってるし。前作の武市役からキャバクラ店長役に変えてまでこれをやるというのが凄い。ムロツヨシは相変わらず全く源外には見えませんが、またもジブリネタでアライグマバスをブッ込んできたので許します。いや、これで銀時が江戸に移動できるって酷いですが、「となりの~」しか歌えずあとはピー音というのが物悲しいのでね、大目に見ます。

騒ぎの元凶である伊東鴨太郎は、幼い頃から認められなかった自分を周囲に認めさせたいというのがその根幹にあります。それは受け入れてもらえない寂しさからくるもの。伊東の策略により真選組は二分されますが、近藤を守ろうとする沖田と真選組を守ろうとする土方の思いが銀時たちを動かします。どうしてもシリアスシーンはテンポが悪くなるし、伊東が片腕を失ったり、最後に絆の光で結ばれるところまで原作通りにやるのは少々やりすぎ感もありますが、三浦春馬のクールさと繊細さは実に伊東鴨太郎だったし、中村勘九郎が鼻水垂らして近藤の愚直さを演じきったのも良かったです。『マッドマックス 怒りのデスロード』をも思わせる電車を追うカーチェイスはそれなりではあるものの、電車内での沖田と神楽の共闘アクションなどは結構良いし。一方の裏で糸を引いていた(あと武器的にも糸を引く)万斉と銀時の一騎打ちは、窪田正孝のアクションのキレとそれを受ける小栗旬の体裁きもあって見応えあります。刀に妙なエフェクトがかかってたり、バトルが思いの外長かったりもしますが、そこはもう熱さ重視なんでしょう。「ノリとリズムが狂った」と去っていく万斉が原作やアニメよりカッコよくてシビれます。

なぜトッシーがオタク化を解除できたのか、神楽の手下というモザイクかかったやつは何だったのか、なぜ今回は定春が出ないのか、なぜ相棒の人がブラックジャックで出てくるのか、いくら何でも弾当たらなすぎなのでは、いくら何でも『踊る大捜査線』ネタは古すぎないか、などツッコみたいところもありますが、全体的には楽しかったので満足。バカ映画のように見せて、実際は演出や編集はかなり気を使って作ってると思うんですよ。決して雑じゃない、そして一生懸命作ってる、だから面白いというのが良いのです。今作も興行収入は調子いいようだし、出演者も意欲を見せてるようなのでこれは3作目もあるんじゃないですかね。今度の佐藤二朗も楽しみです!(そこかよ)

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/1424-017883c2
トラックバック
back-to-top