FC2ブログ
2018
07.15

アウトローは信じて笑う。『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』感想(その1)。

Solo_Star_Wars_Story_1
Solo: A Star Wars Story / 2018年 アメリカ / 監督:ロン・ハワード

あらすじ
イイ予感がするぜ。



遠い昔、はるか彼方の銀河系。帝国支配下の惑星コレリアに住む若者ハンは、手に入れた高濃度エネルギー体コアクシウムを元手に底辺の暮らしから逃げ出そうとするが、追っ手をまくためやむを得ず帝国軍に入ることに。そんななか戦場で出会った男ベケットと共に軍を抜け出したハンは、デカい仕事で一山当てようとするが……。若きハン・ソロを主人公とした、『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ第2弾。

『スター・ウォーズ』シリーズの正史の合間を紡ぐスピンオフ・シリーズ、その第1弾『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』に続くのは、言わずと知れた『スター・ウォーズ』の主要キャラでありハリソン・フォードが演じた銀河のアウトロー、ハン・ソロの若き頃の物語。ルークと出会う前のハンはどんな青年だったのか、どのようにチューバッカと出会ったのか、いかにしてミレニアム・ファルコンに乗ることになったのか。そんな『EP4』以降に繋がるプリクエルとして必要な要素はちゃんと入っているのはもちろん、ハンの恋愛、相棒、メンターという要素を全て描いています。何やらアメリカでは評判悪いと散々言われてて不本意ながらハードル下がってましたが、イヤしっかり面白いですよ!と言うかむしろ最高ですよ!ケイパーもの、バディもの、青春映画、西部劇といった様々なジャンルを取り込み、シリーズへの繋がりにも捻りがあって、かつ単体でも観れるようになっているという非常に良い出来。

手堅い作り、なんて意見も見かけましたが、むしろチャレンジングじゃないですかね。だって『スター・ウォーズ』なのにフォースもジェダイも出てこないんですよ?それに若きハン・ソロ役を演じる『ヘイル、シーザー!』のオールデン・エアエンライク、正直ハリソン・フォードには似てないんですが、でも時々ハリソンのハンに見える、それだけ研究して役を自分のものにしていることが伺えて超好印象。オールデン凄く良いです。もちろんハン・ソロの相棒、ウーキー族のチューイことチューバッカも大活躍です。『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』から中の人となったヨーナス・スオタモがアクション面でもチューイを表現。何よりハンとチューイのバディムービーとして最高なんですよ。ゴーグルしたチューイも可愛い。

『スパイダーマン ホームカミング』ドナルド・グローバーが演じる若き日のランド・カルリジアンも登場、こずるくてナルシストだがスマートで粋!また明確な描かれ方としてはシリーズ初となる女性ドロイドのL3も非常に個性的で、ランドとのバディ(と言っていいのか?)も面白い。そして可憐ながら強さを見せるハンの恋人キーラ役には『ターミネーター:新起動 ジェニシス』のエミリア・クラークが、アウトローとしてハンを導くことになるトバイアス・ベケット役には『スリー・ビルボード』のウディ・ハレルソンが魅せてくれます。悪党ドライデン・ヴォス役として『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のヴィジョン役でおなじみポール・ベタニーも怪演。

元々の監督だった『LEGOムービー』のフィル・ロード&クリス・ミラーがディズニー側と意見が合わず撮影終盤で降板するというアクシデントがあり、代わりに監督就任したのが『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワード。10ヶ月ほどでかなりの再撮影を行ったという噂もありますが、それで破綻がないどころかここまでの娯楽作を作り上げたのはベテランの成せる技なのか、とにかくしっかり計算して作られてるな、というのを随所に感じます。多少カット割りを激しく感じるところもあるもののアクション設計も素晴らしいし、細かい人物描写もじわじわ利いてきます。そして一人の青年が我々の知るハン・ソロになるきっかけを様々な形で見せてくれる。ジョン・パウエルの音楽もイイ。シリーズへの目配せも多くありながら、ぶっちゃけ『スター・ウォーズ』のシリーズを観てなくても楽しめます。興行収入が振るわないとかどうでもいいですよ、すげえ面白かったです!

↓以下、ネタバレ含む。








■計算された演出

冒頭のハンは組織に使い回されるチンピラであり、闇に蠢く若者たちの一人でしかありません。それを表すかのようにライティングも暗いわけですが、レディ・プロキシマに熱爆弾もどきを投げて陽光を浴びせるシーンで文字通り一筋の光が射し込みます。そしてキーラと二人スピーダーで外に出るときに光に包まれ、一気に画面が明るくなり、逃避行する二人の希望が表されます。しかし空港に入ってからは脱出への不安を表すようにまた暗くなり、光の射すゲート外のハンと闇のなかに連れ戻されるキーラとに分かれます。しかしドン底のハンは再び闇へと隠れ、そのまま帝国の入隊受付へ。そうして一人であるということで「ハン・ソロ」と名付けられ、ここからハンの本当の人生が始まります。というような感じで、ライティングは結構考えられてると思うんですね。それは、鉱山惑星の薄暗い坑道から明るい屋外へ出てくる人々とドロイドの解放感であるとか、サヴァリーンで暗い建物内にいるハンやベケットとドア越しに明るい場所に見えるエンフィス・ネストの、金のためと反乱のためという立ち位置の違いなどにも表れます。

アクションはわりとオーソドックスで、革新的と言う感じではないかもしれませんが、ドラマと絡ませながら展開するので十分楽しい。序盤のスピーダー・チェイスはバックからカメラがぐるりと前方に回る自由さを見せたり、途中加わるトルーパーのスピーダーがクラッシュして縦に回ったりして、スピード感はそこまでではないものの色々と見せ場があります。ひねり電車の貨車強奪シーンでは最初に作戦と懸念点を示すことでやるべきことが示されるので分かりやすく、車両が回転することでのピンチやATホーラーでの攻防に、仲間の死という悲劇も加えてスリリング。またファルコンでのタイ・ファイターとのチェイスは実にスター・ウォーズ的な絵面という安心感がありますが、追いかけてくるタイ・ファイターを回転して叩き落とすというのが愉快だったり、デカい怪物の触手を掻い潜ったあとのコアクシウムで脱出のくだりでカウントダウンを入れてくるドタバタ、からの急加速で、序盤で失敗した狭い隙間の通過を今度はファルコンで成功させる、というのがニクいです。チェイス・シーンの迫力はさすが『ラッシュ プライドと友情』のロン・ハワード。


■ハンとキーラ

ハンの目的は、最初はキーラと共に現状から脱出するというものです。それがキーラと離れてからは船を手に入れキーラの元へ戻ることに変わります。やがてキーラと再会し行動を共にすることでその目的は達成されるものの、今度は再びキーラと共に自由になるという目的へと変わります。全てはそのためであり、言わばキーラはハンの世界の中心。

しかし当のキーラの世界はハンが見ている世界とは既に別物になっています。「まだ逃げ出せてない」と言うように新たな主人が変わっただけであり、詳しくは語られないもののドライデンの元に来るまでの壮絶さが伺えます。そしてドライデンの副官として辣腕を振るうまでになっており、そこには叩き込まれた非情さも垣間見えます。キーラは最初の脱出時に「守ってくれるものがなくなる」ことを気にしていたことからも組織立った大きな存在への依存度が高く、それはおそらくそれまでの人生で受けた非力ゆえの屈辱が彼女を大樹の陰へと誘ってしまうんでしょう。だからハンが「俺が守る」と言っても受け入れられない、つまり本当の意味でハンを信じることができなかったわけです。

キーラが「今までのこと全部話したい、でも二度とそんな目で私を見れなくなる」と言うシーンで、ハンはほんの一瞬だけ戸惑います。目の前にいるのが自分の知っているキーラでは既にないという予感。しかしそれを認められるほどハンはまだ成熟してないし、何とかなると思っている。だからニヤリと笑ってごまかす。この頃のハンには不安なときほどニヒルに笑うという場面があるように感じますが、とにかくハンはベケットに何を言われようがドライデンに目の前でイチャつかれようが、最後までキーラを信じようとします。アウトローを名乗りながらなんてピュアなヤツ……。キーラが「あなたは良い人よ」と言うのも背伸びしてるハンの本質を見抜いたからであり、と同時に自分とは違う世界でピュアでいられるハンが羨ましくも愛しい、という思いも含まれているのでしょう。

「あなたの隣にいる自分を想像するといつも笑顔だった」というキーラの言葉は間違いなく本心です。しかしそれは同時にハンの隣にいたかった過去の自分との決別でもあります。キーラにとっては組織で生きるしかないがゆえに取った道ですが、それでもハンをシンジケートの追っ手から守るという目的もあったに違いありません。飛び去るヨットからハンたちを見下ろす悲しげなキーラ。そしてようやく始まると思った二人の日々が失われていくのを見上げるハン。若き日の恋がせつなく胸に迫ります。


■ハンとベケット

ハンが初めてベケットに会うのは戦場ですが、火線飛び交うなかブラスターをくるくる回しながら次々敵を打ち倒していくベケットは、戦火のなか死にそうになってるハンにとってはヒーローのように映ったことでしょう。帝国軍のふりして戦場荒らしをする、それができるという強さとしたたかさと自由さ。それは何者にも縛られたくないと思うハンの理想とする姿そのものです。ハンと行動しながら様々なことを教えるベケットは、ルークに対するオビ=ワンのような、メンターと呼ぶべき存在であることは明らか。ただしベケットの方がハンをパダ=ワンのように思っていたかと言えば微妙です。そういう思いがあったとしても、彼の生き残る術である「誰も信じるな」というのはもはや人生哲学であるし、現にそれで生き延びてきたのだろうから、容易に懐には入らせません。そんなベケットに思わず「寂しい生き方だな」と漏らしてしまうハンには若さ、と言うより青さを感じます。

ベケットの頼りがいのある姿はハンにとって信頼すべきものだったし、憧れのアウトローであり目標であったはず。幼い頃に親を亡くしたハンとしては父親のような存在であったとも言えるでしょう。しかし他ならぬベケット自身の教え、「誰も信じるな」「人の動きは読みやすい」がベケットに引導を渡すことになります。ラストにおいてベケットはハンの乗り越えるべき壁となり、ハンは言わば父殺しをすることになります。これは『スター・ウォーズ フォースの覚醒』でのハンを思うとよりせつないものがあります。信じたいという思いを抱きながらも引き金を引いたハンが、思わず崩れ落ちるベケットに駆け寄る姿のやりきれなさ。一人で生きるしかなかったベケットは「人は一人では生きられない」と言ったヴァルの言葉を、そして自分を信じて共にエンフィス・ネストを助けようと言うハンを信じることができなかったのです。「本当にヴァラコードを弾きたかったんだ」という最後の言葉が空しく響きます。


■相棒と愛機

チューイとの出会いは『EP6』のジャバ宮殿の地下を思わせる泥の中。なぜハンがチューイの言葉を理解できるかと言えば、実は喋ることができるほどウーキー語を知ってたからなわけですね(と言うかウーキー以外が喋るのは初めて見た)。殺しあいから助け合いになり、鎖で繋がれたまま走り出す二人には初めから息の合ったところが見られ、一人で仲間を探そうとするチューイと同じく一人でキーラを求めるハンという事情が通じるものもあって、早くもバディ感が漂います。「自由って言葉覚えてるか、俺も久しぶりだ」という会話も親近感を募らせますね。なぜチューイがハンと行動するかと言えば、これはもうハンが「俺を信じろ」と言ったからだと思うんですよ。ひねり電車のシーンで落ちそうになるチューイをハンが救って「危なかったなバディ」と言うところでもう感激。正史では見られなかった協力プレイを多々見せてくれるのもたまらんです。まさに相棒。キーラが最後に「あなたもきっとチューイが必要になる」と言うのが、その後の二人を思うと正確に見抜いているのがちょっと泣けます。

そしてハンの相棒と言えばもうひとつ、ミレニアム・ファルコンとの出会いです。『EP5』でランドに賭けで勝って手に入れた、と言うので最初の賭けのシーンでは「アレ?」と思うんですが、これが最後に活きてくるのもニクい。初めてファルコンのコクピットに足を踏み入れたハンの感慨深げな姿、初めてライトスピードで飛ぶときのワクワクが止まらない表情。最初にファルコンが姿を現すシーンで流れるスター・ウォーズのテーマの粋なアレンジ。そしてランドの代わりにファルコンを操るハンのコー・パイとして、初めてチューイが助手席に座ったときの熱さ。ファルコン内でのやり取りやトラブル、重力井戸からの脱出劇など、ファルコン自体の存在感も随所に見られるのが嬉しいところです。最初はファルコンの先っちょに脱出ポッドが付いているのが、これを切り捨てることでおなじみの姿になる、というのも面白いです。


■信じるということ

本作は「誰かを信じる」ということを描く話です。ベケットを信じるハンと、ハンを信じきれなかったベケット。キーラを信じるハンと、ハンを信じたかったキーラ。二人との別れはハンがシニカルな面を持つきっかけになったことでしょう。一方でハンと互いに信じ合うチューイとの出会い、ハンを信じて託すエンフィスとエンフィスを救おうとするハンという、仲間とか信念といった面も描かれており、アウトローでありながら反乱軍に身を置くことになるハン・ソロという男の二面性がしっかりあるわけですね。信じる、なんて言うとちょっと青くさいですが、実際青くさい頃のハンがメインなのでそこはしっくりくるんですよ。それに「誰も信じるな」とハンに言うベケットと「俺を信じろ」とチューイに言うハンの対比であったり、ベケットに憧れ「俺はアウトローだ」と言うハンと「お前は俺と正反対だ」と言うベケットであったり、ハンとベケットが最後に対決するに至るための構造も徹底してます。

スペースオペラというよりはアドベンチャー映画としての側面がより強調されているのも特徴的なんですが、ハンを中心に様々な人々との出会いと別れを描いていて、後のハンを形作る経験や成長という面で青春映画であるとも言えるでしょう。まさにタイトル通り。それだけでなく、資源強奪というケイパーものであり、マフィア組織との駆け引きというクライム・サスペンスでもあり、アウトローが弱者を救う西部劇でもあり、ハンとチューイのバディものでもある、というように様々なジャンルにまたがっています。ある意味スター・ウォーズらしさは薄いんですが、そこがスピンオフらしいところ。それでいて旧シリーズとのリンクは予想以上に多く(ちょっと目配せしすぎと感じるほどですが)そこも楽しい。何よりノスタルジックではない若さに溢れたオールデン・エアエンライク演じるハン・ソロがとても良いし、チューバッカへの愛しさもガン上がり。世間が何と言おうが、僕は大好きです。

 ※

他にもランドやL3が最高だーとか、台詞が過去作と対比されている愉快さであるとか、ラストの登場に度肝を抜かれたあの人のこととか、色々と言及したい点が多々あるんですが、長くなるので止めときます。また気が向いたときにでも!

(2018/07/18 追記)
というわけで書きました!
最高な点をひたすら上げていこう。『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』感想(その2)。

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/1403-93f908f4
トラックバック
back-to-top