2017
06.07

船出する者と見送る者。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』感想。

Manchester_by_the_Sea
Manchester by the Sea / 2016年 アメリカ / 監督:ケネス・ロナーガン

あらすじ
便利屋稼業も大変。



ボストン郊外で便利屋として生活しているリーは、兄ジョーの訃報を受けて故郷のマンチェスターに戻るが、遺言によりジョーの16歳の息子パトリックの後見人を任されることに。しかし故郷の町でリーは忘れ難い過去と向き合うことになる……。第89回アカデミー賞で脚本賞、主演男優賞を受賞したヒューマンドラマ。

心を閉ざして孤独に生きる男リー。傍から見ればヤバい人にも見えるこの主人公が、兄の死をきっかけに故郷に戻り、甥っ子の面倒を見ることになります。しかしひたすら厭世的なリーと、父を失った甥のパトリックとの奇妙な共同生活は、笑っていいのか何なのかが最初は微妙に掴みにくいんですね。リーがそれまで故郷での暮らしを避けていたのはなぜか。人との関わりを持てないのはなぜか。そんな理由がやがて明かされていき、それでも甥っ子に応えようとするリーの思いが、海辺の町を舞台に独特の間を持って描かれていきます。これがとても心に沁みるのです。

リー役は『ザ・ブリザード』のケイシー・アフレック、凄みと諦念を同時に抱えた演技がとても良いです。甥のパトリック役、『ゼロの未来』のルーカス・ヘッジズは、立ち回りの小生意気さとまだ子供の部分を併せ持つ16歳、という絶妙さが上手い。リーの元妻ランディ役のミシェル・ウィリアムズ、兄のジョー役で『キャロル』のカイル・チャンドラーもいい感じです。プロデューサーにはケイシーの兄であるベン・アフレックの盟友マット・デイモンの名前も。

何とも言えないやるせなさや寂しさと同時に、微かながら確実に育まれる愛しさ。そんな余韻に、観終わった後もじわじわきて泣きそうになります。前に進もうとする者へのエールと、逃げたっていいんだという優しさ、二つの視点が静かに胸に迫ってくるのが素晴らしかったです。

↓以下、ネタバレ含む。








会話に奇妙な間があったり、逆に被せるように話したり、あるいは行動の間が悪かったり、終始どこかズレてて居心地が悪いと言うかリズムがおかしいんですね。リーは便利屋の仕事での会話が微妙に噛み合わないし、バーで酒をこぼされて絶好の出会いのきっかけなのに名乗りもしないし、病院での医者とのやり取りでは放心したりキレたりします。パトリックの彼女の母は「話が持たない」と音を上げ、葬儀の会食ではジョージと妻が「食べ物を」「聞こえない」「やっぱりいい」というもどかしいやり取りをし、パトリックのバンドのドラムは微妙にテンポが合わず、ついでにパトリックは何度も合体に失敗します。こういった間の取り方がどこか投げやりなリーの心情や、彼を取り巻く周囲との違い、すんなりいかない現実のようなものを表しててとても上手い。

リーがまともに人と接することができない理由は中盤で明らかになりますが、これが非常にショッキング。海を見てガラスを殴ったり、酒に酔うと人に絡んだりするのも全てここに繋がっていたわけです。町の人に「あのリーか」みたいな言われ方をされるほどの、弁護士曰く「想像を絶する過去」。頑なに故郷に戻ることを避けようとし、パトリックをボストンに連れていこうとするのも、そこにいると嫌でもツラい記憶と向き合わなければいけないから。火事後の取り調べで「帰っていいのか?」と怪訝そうな顔をするのは、その直後に警官の銃を奪い自殺しようとすることからも、罰してほしかったということなのでしょう。それほどの罪悪感に胸が潰れそうになります。「私たち燃えてるの?」なんて夢を見るのがさらにツラい。

パトリックの送り迎えの要望に諾々と従うのも、自ら何かをしようという意思が持てないからなんでしょうね。もちろん親代わりだというのもあるでしょう。しかし可愛かった甥っ子も、ホッケーにバンドに二股といまや血気盛んな16歳。引っ越しの話に「便利屋なんだから身軽だろ」とデリカシーのないことを言ってしまうのもまあわかる。それでも冷蔵庫の前でパニックを起こしたり、家を出た飲んだくれの母親に頼ろうとしたりと、元気なようでいてやはり父の死はツラいのです。そんなパトリックに対して無理にでも側にいようとしたり、一方で彼の意思を尊重して母親に会いに行くのに付き合ったりと、リーのベタつかない距離感が徐々に二人の間に絆と呼べるものを作っていくのが心地よいです。

しかし元妻のランディと再会することで、リーは現実と向き合わざるを得なくなります。ランディが「地獄に落ちるほど酷いことを言った」と謝罪し、「私は心が壊れたまま、あなたも」と理解を示すのは、決して悪気があるわけではないし、本心から言っているのでしょう。新しい子供を授かってもそれがイコール乗り越えたということではない、それはリーもわかっているはず。しかしリーにしてみれば、それでも前に進むことを選んだと、嘘でもいいから「私は乗り越えた」と言ってほしかったのではないでしょうか。そうでないと亡くした娘に対してだけではなく、ランディへの罪悪感も抱えたまま生きていかなければならないからです。しかも「愛してる」とまで言われてしまう。自分を許せず、世界を許せないリーにとっては残酷な言葉とさえ言えます。これが決定打となり、リーの耐えに耐えてきた本当の思いが「乗り越えられない、ツラすぎる」という台詞に凝縮されるのです。

リーとパトリックの関係は少しズレながら付かず離れずという感じですが、それでもリーにとっては居心地のいいものになっていったのでしょう。銃を売ってボートのモーターにすると言うシーンにはニヤリとするし、パトリックがボートを操る姿に微かに(そして劇中唯一の)笑顔を見せるのは実に暖かい。ジョーは入院を繰り返していたようだからパトリックも父の病気は知っていたでしょう。だからいつか父が逝くことも覚悟はしていたはず。それでも襲いくる悲しみにいつも以上に普通に過ごすことで抗い、それでいて父のボートを決して手放さない意地を見せる。そうやって独り立ちしていく姿には、リーが自分の娘には見ることの叶わなかった「成長」があります。それを見れたことがリーの笑顔を呼び戻したのでしょう。

時間の流れる者と、時間の停滞した者。それでも同じ時を重ねる瞬間はあるし、それが必要な場面もある。予備の部屋を探す理由を少し言い淀んでから「お前が泊まりにくるから」と告げるリー、そんな思いを知ってか知らずか「進学はしない」と返すパトリックと、最後まで少々ズレている二人ですが、思えば冒頭のシーンからしてリーが幼いパトリックとサメがどうこうと噛み合わない話をしていたわけです。そんな二人が共に釣りをするラストショット。噛み合わなくてもただ時間を重ねればいい、そんな関係性を感じさせてくれる二人の姿にとても優しい視点があるのです。

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/1241-3a81ee12
トラックバック
back-to-top