2017
05.28

喜びも悲しみも共に。『メッセージ』感想。

arrival
Arrival / 2016年 アメリカ / 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

あらすじ
インク?イカスミ?



ある日突然世界中に現れた巨大な地球外物体。言語学者のルイーズは軍に依頼され、物理学者のイアンと共に謎の知的生命体との意思疎通をはかる役目を担うこととなる。果たして彼らは人類に何を伝えようとしているのか……。テッド・チャンの短編小説『あなたの人生の物語』を『プリズナーズ』『ボーダーライン』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督で映画化したSFドラマ。

どでかい地球外物体が不意に世界中で同時出現、といっても『インデペンデンス・デイ』みたいな侵略ものではありません。人類はこの言葉の通じない未知の訪問者とどうにかして意思疏通を図ろうとします。『未知との遭遇』ですね。そこで呼び出されたのが言語学者のルイーズ。というわけで本作はSFでありながらコミュニケーションの話なわけですが、しかしそれは一側面に過ぎず、そこからさらなる展開が待ち受けます。それはある概念を変える驚き。そして未知の領域を知る喜び。震えました。静かなインパクトを持つ映像、緻密に組み立てられた構成、感覚を刺激する音響効果も素晴らしい。スゴいぞドゥニ・ヴィルヌーヴ。

主人公ルイーズ役は『マン・オブ・スティール』『ビッグ・アイズ』のエイミー・アダムス。若干疲れたような佇まいが意味ありげだったりして上手いです。ルイーズと共にミッションに参加する物理学者イアン役には『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』のホークアイことジェレミー・レナー。学者にしてはマッチョですが、ちょっと皮肉屋で優しさのこもった目がイイ。また軍の大佐役で『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』のフォレスト・ウィテカーも出演。ちなみに公開前に「ばかうけ」に似ていると話題になった地球外物体ですが、実際観るとそこまで似てる感じではないかなあ。むしろ焼き菓子みたいというか、フィナンシェ・ショコラというか、いやどうでもいいんですが。

科学的アプローチをしながらも感覚に訴えるという驚異は、まさにサイエンス・フィクションです。観終わってから原作『あなたの人生の物語』を衝動的に買って読みましたが非常に面白かった。そしてこの原作をわかりやすく映像化した手腕と、さらに映画的でスリリングなアレンジを加えたことがわかって震えます。そして浮かび上がる原題『Arrival』の意味にさらに震えるのです。

↓以下、ネタバレ含む。








■画と音が作る異世界

序盤は開けた庭や広い講堂など画面を広く使う見せ方が目に付き、特にヘリで基地に降りていくのを殻を映しつつグルリと回ってワンカットで見せるのは唸りました。殻に入ったあとはスペース的には狭くなりますが、仕切り向こうのヘプタポッドたちがいる空間がぼんやり広がっているのでそこまで狭苦しくは感じません。殻のそそり立つ平原にいるルイーズの画なども解放感があり、空間の見せ方がいちいち気持ちいいです。人間だけの部屋などは色々と詰め込まれてて逆に閉塞感を感じるほど。

殻のなかは全く異なる世界であるというのを、無重力を介した境界線で見せるというのが異世界感あります。殻に手を這わせていると扉との境目が静かに手に触れる、というちょっとした見せ方も心地よい。そして音の使い方ですね。ヘリの騒音がヘッドフォンで消えたり、脳内の会話が消えて現実に戻ったり、連続した場面も音によって不意に別のシーンに変わるかのよう。ヘプタポッドの発する音声や殻のなかの幻想的とも不穏ともいえる音、鳴き続けるカナリアの声まで、独自の雰囲気を作り上げるのに音が重要な役割を担っています。音を出さない、という演出もありますね。アカデミー賞で音響編集賞を受賞したのも頷けます。

舞台のほとんどが軍の基地と殻でありながら単調さを感じないのは、そんな別世界の構築が上手くいっているからでしょう(回想シーンのせいもありますが)。殻の出現によりあっという間に広がる暴動や、武力を行使しようとする国の存在などを、ニュース映像などだけで抑えるのも必要十分という感じです。それでいて人類世界の荒れ方は物語に大きなスリルを与えています。この辺りは原作にはない要素ですが、至極現実的であり、容易にトチ狂う人類の愚かしさをも表し、地味になりすぎない映画的な見せ方としてラストのサスペンスにも繋がっていて上手いアレンジ。あとはサンスクリット語での「戦争」の意味、非ゼロ和といったアカデミックな言葉の使い所も面白いです。


■円環による時間の変質

ルイーズはヘプタポッドとの会話による意志疎通を早々に切り上げて文字による対話に踏み切ります。二回目のセッションでホワイトボードを持ち込み、三回目では防護服を脱いで相手の文字を引き出す。そして「何のために地球へきたのか」というたった一文を聞くために長い時間をかけて相手の言語を解析していきます。この過程がすこぶる面白い。パターンを見つけ、人物や体の動きと紐付け、パターンが増えたらソフト化して、画面に映して会話できるようにし、ついには手でインク?を動かして文字を表すようにまで。名詞の次は動詞、そして目的語という段階的な達成感や、「あなた」と「あなた方」の違いなどの細かい定義の厳密性に知的好奇心を刺激され、かつ徐々に進む相互理解にワクワクします。

そこには「外国語を学ぶと価値観が変わる」というルイーズの言葉の意味を目の当たりにする感覚があります。しかもヘプタポッドの言語ではその価値観、というよりは概念そのものを揺るがす革新的な影響、つまり彼らの時間感覚を知ることに繋がっていきます。まさに劇中でも言及される「言語によって思考が定義される」という"サピア・ヴォルフの仮説"の実証。つまり時間は流れるものではなく、あらゆる時間が現在と等しい位置に存在するという認識をもたらすのです。彼らの文字がサークル状なのも、「流れる」のではなく「同列にある」という時間の概念を円環として表しているわけで、この性質を視覚化した文字のデザインは実に秀逸。

だから未来を予知する、というのとはちょっと違うんですね。時間の流れの先を知るのではなく、過去と未来を同時に知覚するということです。序盤から映されていた娘との映像は、過去の回想ではなく未来の出来事でした。ルイーズの「この子は誰?」には震えがきましたよ。エイミー・アダムスの演技は娘を亡くして疲れきった女性だと思わせるものだったし、それでいて娘の死についての話は出てこない。でも構成としては未来を今と変わらず知覚していたことを示しており、これにより中国の武力行使を直前で止めることにも繋がります。ここのカットバック(といっても過去ではないわけですが)は実にスリリング。ルイーズがシャン上将に電話で何と言ったのかは気になるところですが、上将の亡き妻の言葉を知っていた、ということが重要なんですね。


■受け入れる物語

言語の獲得が時間の概念を変える、という点には若干SF的な飛躍がある気もしますが、そう感じさせない詰め方をしているのでさほど気にならなかったです。娘の名前、ハンナ(Hannah)が前からも後ろからも読める回文であることがルイーズの気付きのきっかけになる、というのは伝わりやすいし(原作ではより科学的な説明になっている)、ルイーズが本の序文に関してイアンと話したときにも見られる言語的アプローチと科学的アプローチの違いは、時系列に沿う言語(流れる)と、仮定を実証する科学(遡る)という点で対照的で、その両方の視点が混在してゼロになるのがヘプタポッド言語であるというのが面白いです。

ルイーズは夫であるイアンとは別れ、娘は病気で命を落とすという未来を知ります。未来のことを知っているというのは果たして幸福なのか?しかしこれは過去も現在も未来も同時に俯瞰できるということであり、知ったからと言って人生を変えられるわけではないのでしょう。ルイーズが「忘れていたわ、この安らぎ」と言うように、それはこれから起こることでもあり、すでに起こったこととも言えるからです。そしてそこでは恐らく生と死は隣り合ったものとして認識されると思われます。見方を変えれば、そこには死の悲しみだけではなく、生の喜びも同時に存在するのです。

ヘプタポッドのアボットとコステロは3000年後の未来に人類が自分たちを救うからこそやってくるわけですが、そのためにアボットが死に至ることも当然知っていたはずです。それでもこの時間感覚を「武器ではなくギフトだ」と言います。そしてルイーズの「不幸な未来を知っていたらそれを選ばないか」という質問に、イアンは「もっと思いを伝えるようにする」と答えます。ツラいから避けるのではなく、より良い心で生きようとする。その意味では、これは「選び取る」物語ではなく「受け入れる」物語です。仮に娘を産まないという選択ができるとしても、ルイーズは娘の人生をなかったことにする、という道を選ばないでしょう。娘の生きる「あなたの人生の物語」は厳然と存在するからです。

本作は個人的には『ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン』を連想しましたが、過度の説明なしで映像で納得させるヴィルヌーヴ監督の手腕は素晴らしかったです。そして最後に表示される原題の『Arrival』。最初はヘプタポッドが地球にやってきたという「到着」を意味するのかと思ってましたが、新たな時間概念を得るに至った人類の「到達」という意味もあるのでしょう。そしてこの言葉は、調べると「出生」という意味もあるのです。それこそルイーズの受け入れる未来を示しているのでした。

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/1237-15f947b7
トラックバック
back-to-top