2015
11.26

世界を救うセクシー&センシティブ。『コードネーム U.N.C.L.E.』感想。

The_Man_from_UNCLE
The Man from U.N.C.L.E. / 2015年 アメリカ / 監督:ガイ・リッチー

あらすじ
おじさんではない。



東西冷戦下の1960年代、核技術により世界を滅ぼそうとする国際犯罪組織を阻止すべく手を組むことになったCIA工作員ナポレオン・ソロとKGB工作員イリヤ・クリヤキンが、行方不明のドイツ人科学者の娘ギャビーと共にミッションに当たる。1960年代のTVシリーズ『0011 ナポレオン・ソロ』をガイ・リッチー監督が新たに映画化したスパイ・アクション。

スパイもの&バディものです。昔のドラマの映画化で時代背景も60年代ではあるものの、アンティークさがむしろシャレた雰囲気を醸し出しており、展開もスピーディというよりはレトロな雰囲気を壊さぬよう結構じっくり見せる、でもかったるくはならないというテンポの調整が絶妙です。何と言うか、マイペースな印象。諜報戦ではあるけどアクション・アドベンチャーな色合いも濃く、ソロとイリヤという二人のスパイが渋々手を組み、時にヒロインのギャビーに振り回されながらも敵への距離を詰めていく過程にワクワク。

元犯罪者ながらスーツのキマった伊達男、ソロ役はヘンリー・カヴィル。彼が『マン・オブ・スティール』のスーパーマンで終わらずこのハマり役をやったことがとても喜ばしいです。そして不器用でソロとは真逆なイリヤ役にアーミー・ハマー。これまた『ローン・レンジャー』のカウボーイとはうって変わって不器用なロシア男っぽくて良かったです。KGB奥義の「ザ・キス」ってすげーな。二人がイチャイチャするようなブロマンス要素はほとんどないですが、これは恐らくあえて排除したんじゃないですかね。これによりバディというよりライバル同士の張り合い感、若干のボケとツッコミ感が出て、他のスパイものとの差別化を図れています。

アンバランスな二人の掛け合いやオフビートな笑い、ギリギリアウトでの救出、煽っておきながらあっけない悪党、スルッと入ってサラッと仕切る第三勢力と、最後まで少しずつ外してくる演出が愉快です。シャレた楽曲のチョイスは言わずもがな。今までのガイ・リッチーぽさをさらに押し進めたような、劇的ではないけどマイナーチェンジしたような感じで良いです。

↓以下、ネタバレ含む。








やたらスマートなソロとやたら不憫なイリヤというのが最初はいまひとつ並び立たないというか、実力は互角ながらソロの方が余裕を伺わせてて、イリヤは過去の傷に拳を握ってグヌヌーとかやってるので重い上に地味にさえ見えるんだけど、その関係が徐々に良くなってきます。特に二人で潜入する辺りから良いですね。互いの働きを見るうちにちょっとだけ気を許す感じになるというか。ケンカするほど仲がいい、というよりは、性格は合わないけど評価している、でもそれを認めるのはなんか悔しい、というちょっとしたツンデレです。そのためブロマンスじゃないのに萌えてしまうというね。さらにギャビーがヒロインというより振り回す役なので、力関係はギャビー>ソロ>イリヤとなり、それをうまーくコントロールするヒュー・グラントのウェーバリーが入ってチームの完成となります。このキャラ配置が秀逸。

その上で人物のディテールもさりげなく付与。さらりと時計やアクセサリーをパクるソロ。エリザベス・デビッキ演じる敵であるヴィクトリアと二人になったソロを心配するイリヤ(でもソロはフワ~オ)。やたらタフで機転が利くので「おや?」と思わせるアリシア・ビカンダーのギャビー。そんな細部を描きながら、冒頭の小気味良いソロの紹介映像、エンディングのメンバーの動向、画面分割などの演出が楽しいです。金庫の扉に固定したカメラがソロからイリヤにパンするとか面白い。上司がいるところでのトイレ格闘など、ちょっと変わった舞台も多いですね。

このちょっと変わった感じと言うか、色々と外してくる演出によってペースを保っているところがあると思うんですよ。序盤のカーチェイスはシリアスなはずなのに、車が2台並んでのアクロバティックな走りを見せたり最後に通路に挟まっちゃったり。ボートで追われるイリヤを見ながらワインとサンドイッチで一息付くソロなんて、ちゃんと救出はするけどギリギリアウトですよあれ。拷問野郎の生い立ちから過去までたっぷり聞かせてソロ大ピンチ!と思ったらあっけなく救出、さらに電撃殺とか、ギャビーの裏切りを一旦ソロが捕まった後に頭から説明して分からせるとか。そしていきなり現れて自然な感じでにこやかに仕切り出すヒュー・グラント。オーソドックスなドラマ展開や時系列を敢えて外してアクセントにすることが味になってますね。ギャビーとイリヤがせつなげに別れたと思ったら、直後に「同じチームかい!」と判明するとか、最後まで楽しませてくれます。

"U.N.C.L.E."は"United Network Command for Law and Enforcement"の略で「法執行のための統合司令部」的な意味合いですが、"UNCLE"はスラングで「参った」という意味もあるらしいです。続編の話はないようですが、ぜひこのチームの新たな話を作って、また「参った!」と言わせてほしいですよ、ホントに。

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://cinemaisland.blog77.fc2.com/tb.php/1001-b0ff6247
トラックバック
back-to-top