2014
01.30

傷付いても忘れがたい、少年たちの夏。『MUD』感想。

mud
Mud / 2013年 アメリカ / 監督:ジェフ・ニコルズ

あらすじ
ヘビに気をつけろ!



川岸のボートハウスに住む14歳の少年エリスが、友人のネックボーンと共に出かけた島で不思議な男マッドと出会う話。現代版『スタンド・バイ・ミー』なんて宣伝文句が付いてますが、日常にはない少し危険を匂わせる冒険に身を投じ、思春期の忘れがたい記憶と成長を描くという点では確かに近いものがあります。『トム・ソーヤーの冒険』を思わせる雰囲気もありますね。ありえない風景である「木の上のボート」という時点でもう引き込まれてしまいます。
続きを読む
スポンサーサイト
  Trackback:0
back-to-top