2017
08.14

吸って吸われて呪われて。『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』感想。

The_Mummy
The Mummy / 2017年 アメリカ / 監督:アレックス・カーツマン

あらすじ
セテパイ!



中東の戦闘地帯で発見された石棺。それは2000年前の古代エジプトで闇堕ちした女王アマネットのものだった。考古学者のジェニーと共にこれを発見した米軍関係者ニックはイギリスに石棺を運ぼうとするが輸送機が墜落、やがてアマネットが目を覚ます……。トム・クルーズ主演のアクション・アドベンチャー。
続きを読む
スポンサーサイト
  Trackback:0
2017
08.13

さらに深く語ってみよう。『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』感想(その2)。

jojo_2
2017年 日本 / 監督:三池崇史

あらすじ
兄貴ィ!



前回の感想はこちら。
守る者と受け継ぐ者。『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』感想。

原作連載から30年、ついに『ジョジョ』も実写化の波に飲まれたか……と不安に押しつぶされそうになりながら観た実写版が、思いのほかジョジョだった、というのは前回述べました。そして2回目を鑑賞し終わった僕(原作ファン)が至った境地は「ヤバい、もう好きだこれ」です。いやあ、面白いですよ。傑作と言い張るつもりはないけれど、マイ偏愛枠にはガッツリ入ってしまいました。原作の仗助も、最初見たときは「主人公の髪型これェ?」と思ったもんですが、慣れたらあの頭以外考えられなくなるように、実写版も慣れたら違和感ないです。昨今の素晴らしいコミック実写化たちに決して引けを取ってないと思うんですよ。コメディ要素に逃げることができない世界観で(それでも4部はユーモラスな方ですが)、ビジュアル化からも逃げることなく、作品の精神性を実写で再現させようとした姿勢に、僕は敬意を表するッ!
続きを読む
  Trackback:0
2017
08.10

守る者と受け継ぐ者。『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』感想(その1)。

jojo_1
2017年 日本 / 監督:三池崇史

あらすじ
グレートですよ、こいつはぁ!



美しい海辺の町、杜王町に越してきた高校二年の広瀬康一は、見た目は不良だが心根は優しい同級生、東方仗助に助けられる。仗助は「スタンド」と呼ばれる特殊能力の持ち主で、触れるだけで人のケガや破壊されたものを直すことができた。そんな折、杜王町では不審な変死事件が頻発、そこにスタンドを使う殺人鬼の存在を知った仗助は、血縁である空条承太郎と共に事件に関わっていくことになる……。荒木飛呂彦のコミック『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部を、三池崇史監督で実写化したサスペンス・エンターテインメント。
続きを読む
  Trackback:0
2017
07.17

己を縛る掟に銃弾を。『ジョン・ウィック チャプター2』感想。

John_Wick_2
John Wick: Chapter 2 / 2017年 アメリカ / 監督:チャド・スタエルスキ

あらすじ
全員殺す。



マフィア相手の壮絶な復讐劇を終えた元殺し屋ジョン・ウィック。しかしイタリアン・マフィアのサンティーノによる殺しの依頼を断ったために、自宅を爆破されてしまう。復讐を開始するジョンだったが、7億円もの懸賞金をかけられて世界中の殺し屋から狙われることに……。キアヌ・リーブス主演のアクション『ジョン・ウィック』の続編。監督は前作に続きチャド・スタエルスキ。
続きを読む
  Trackback:0
2017
06.05

彼女の死体は黙して語る。『ジェーン・ドウの解剖』感想。

Autopsy_of_Jane_Doe
The Autopsy of Jane Doe / 2016年 イギリス / 監督:アンドレ・ウーヴレダル

あらすじ
解剖で解明する怪奇。



バージニア州の田舎町、不可解な一家惨殺事件の現場で見つかった謎の女性の遺体。遺体安置所と火葬場を経営する検死官トミーとオースティンの親子の元に、その遺体の検死依頼が舞い込む。解剖を始めたトミーだったが、その遺体に隠された事実が判明するごとに、奇怪な現象が発生し始める……。監督は『トロール・ハンター』のアンドレ・ウーヴレダル。
続きを読む
  Trackback:0
back-to-top