FC2ブログ
2018
09.18

劣等感と才能の侵食。『累 かさね』感想。

kasane
2018年 日本 / 監督:佐藤祐市

あらすじ
よかなーん!



顔に大きな傷のある女性・淵累は、それを塗ってキスをすると顔が入れ替わるという不思議な口紅を母親から遺された。天才的な演技力をもちながら顔の傷のために表に出れない累は、ある日容姿に恵まれながら大成できない舞台女優の丹沢ニナと出会う。口紅を使ってニナと入れ替わり舞台に立つことになった累だったが……。松浦だるまの同名コミックを実写映画化したサスペンス。
続きを読む
スポンサーサイト
  Trackback:0
2018
08.30

暴走する正義の矛盾。『検察側の罪人』感想。

kensatsugawa_no_zainin
2018年 日本 / 監督:原田眞人

あらすじ
ポチになります。



東京地検のエリート検事・最上と同じ部署に配属された、最上の教官時代の教え子、沖野。ある日都内で発生した老夫婦刺殺事件の捜査に立ち会った最上は、容疑者のなかに時効となった過去の殺人事件の重要参考人・松倉の名前を見つける。最上は今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い詰めていくが、沖野は捜査に疑問を持ちはじめ……。雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。
続きを読む
  Trackback:0
2018
08.24

馬鹿侍、仲間思いを救う剣。『銀魂2 掟は破るためにこそある』感想。

gintama2
2018年 日本 / 監督:福田雄一

あらすじ
坂田氏~~。



たまった家賃を払うため、銀時たち万事屋の3人はアルバイトをすることに。しかしバイト先に天下の将軍様が現れて大変なことに。一方真選組では副長の土方に並ぶほどの力を持ち始めた伊東による内輪揉めが激化、これが江戸を揺るがす陰謀へと繋がっていく……。空知英秋の同名コミック実写映画化、第2弾。
続きを読む
  Trackback:0
2018
08.03

恥とプライドの殺し屋稼業。『キリング・ガンサー』感想。

killing_gunther
Killing Gunther / 2017年 アメリカ / 監督:タラン・キラム

あらすじ
カメラは見ていた!



名を売ろうと意気込むヒットマンのブレイクは、世界最強の殺し屋と言われるガンサーを倒すことで業界トップの座を手に入れようと、各国から凄腕の殺し屋たちを集めたチームを結成。撮影班を雇ってその様子を記録させながら、ガンサーの居所を探り始める。しかしブレイクの思惑に気付いたらしきガンサーからの反撃を受けることに……。アーノルド・シュワルツェネッガー出演のアクション・コメディ。
続きを読む
  Trackback:0
2018
07.30

振るえ腕力、閃け記憶力!『ガン・ドッグ』感想。

hot_dog
Hot Dog / 2018点 ドイツ / 監督:トーステン・クンストラー

あらすじ
上司が一番大変。



ドイツの特殊部隊GSG10に所属する、凄腕ながら命令を聞かずムチャばかりするルークと、抜群の記憶力を持ちながら武器庫の管理係としてくすぶるテオ。問題を起こし大統領官邸の警備係に異動させられた二人だったが、不意に突入してきた謎の武装集団により、官邸を訪れていたモルドバ国大統領の娘を目の前でさらわれてしまう……。ドイツ発のアクション・コメディ。「カリコレ2018」上映作品。
続きを読む
  Trackback:0
back-to-top