FC2ブログ
2018
11.07

無限の彼方に見る人類の行く末。『2001年宇宙の旅』感想。

2001_space_odyssey
2001: A Space Odyssey / 1968年 アメリカ / 監督:スタンリー・キューブリック

あらすじ
モノリス!(ドミノではない)



人類が月に住むようになった頃、月の地中から磁力を発する謎の石碑が発掘される。宇宙評議会のフロイド博士がその調査をした18カ月後、デビッド・ボーマン船長ら5人のクルーを乗せ、最新の人工知能「HAL9000型」を搭載した宇宙船ディスカバリー号は木星探査のため航行していた。しかしHALに不具合らしきものが発生し……。スタンリー・キューブリック監督によるSF映画。
続きを読む
スポンサーサイト
  Trackback:0
2018
03.25

積み重ねた日々が導く運命。『15時17分、パリ行き』感想。

the_1517_to_paris
The 15:17 to Paris / 2018年 アメリカ / 監督:クリント・イーストウッド

あらすじ
自撮り棒は便利。



2015年8月21日。オランダのアムステルダムからフランスのパリへ向かう高速列車タリスに乗り込んだイスラム過激派の男が、銃で無差別殺人を試みる。その列車にたまたま乗り合わせていた3人の若者は、この危機を目の当たりにするが……。クリント・イーストウッド監督による実話を元にしたドラマ。
続きを読む
  Trackback:0
2017
06.26

時を経てなお潜む狂気。『22年目の告白 私が殺人犯です』感想。

watashi_ga_satsujinhan
2017年 日本 / 監督:入江悠

あらすじ
そこに全てが書いてある。



1995年に起こった連続殺人事件。5人を殺した犯人が捕まらないまま事件は時効を迎えたが、その22年後、犯人を名乗る男・曾根崎により執筆された手記「私が殺人犯です」が出版される。出版記念会見に姿を現した曾根崎は一躍時の人となるが……。2012年の韓国映画『殺人の告白』をリメイクしたクライム・サスペンス。監督は『ジョーカー・ゲーム』『SR サイタマノラッパー』の入江悠。
続きを読む
  Trackback:0
2016
06.24

脱出は女の気概。『10 クローバーフィールド・レーン』感想。

10_cloverfield_lane
10 Cloverfield Lane / 2016年 アメリカ / 監督:ダン・トラクテンバーグ

あらすじ
鼻息ンフー。



恋人の元を飛び出し車を運転していた女性ミシェルは、その途中事故に遭い、気が付くと見知らぬシェルターの中にいた。そこにいたハワードは、彼女を救うためにここに連れてきた、外の世界は既に滅びたと言う。ミシェルは同じくハワードにかくまってもらったというエメットとの3人で、奇妙な共同生活を始めるが……。J・J・エイブラムス製作、『クローバーフィールド HAKAISHA』の続編。
続きを読む
  Trackback:0
2016
05.16

うつろわぬ、人の思い。『64 ロクヨン 前編』感想。

rokuyon_1
2016年 日本 / 監督:瀬々敬久

あらすじ
昭和はまだ終わっていない。



わずか1週間で幕を閉じた昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」。未解決のまま時効が迫った平成14年、刑事部の刑事として捜査にあたり現在は警務部の広報官として働く三上義信は、記者クラブとの確執や上層部の理解のなさに頭を痛める日々。そんななかロクヨン被害者宅を警視総監が訪れるという話が持ち上がる……。横山秀夫の警察ミステリー『64(ロクヨン)』を映画化した二部作の前編。
続きを読む
  Trackback:0
back-to-top