2016
11.17

悲しみを覆す驚き、寂しさを越える愛情。『湯を沸かすほどの熱い愛』感想。

yu_wo_wakasu_hodono
2016年 日本 / 監督:中野量太

あらすじ
銭湯だけどお色気シーンはありません。



明るさと強さをもって一人娘を育てる母の双葉は、ある日病院で突然の余命宣告を受ける。現実を受け入れた二葉は、家族のため、そして休業中の銭湯を再開させるために奮闘を始める……。宮沢りえが『紙の月』以来の主演を務めるヒューマン・ドラマ。
続きを読む
スポンサーサイト
  Trackback:0
2015
06.11

追い詰めろ、冷静に、大胆に。『誘拐の掟』感想。

yuukai_no_okite
A Walk Among the Tombstones / 2014年 アメリカ / 監督:スコット・フランク

あらすじ
殺したら、殺す。



1999年ニューヨーク、元刑事マット・スカダーの元に誘拐殺人事件の犯人を探してほしいという依頼が舞い込む。事件を追ううちに猟奇的な殺人犯の姿が見えてくるが、そこで新たな誘拐事件が起こる……ローレンス・ブロックのマット・スカダーシリーズ10作目『獣たちの墓』を原作とした、リーアム・ニーソン主演のクライム・サスペンス。
続きを読む
  Trackback:0
2013
07.07

死なないとは生きるということ。『欲望のバージニア』感想。

lawless
Lawless / 2012年 アメリカ /監督:ジョン・ヒルコート

あらすじ
ボンデュラント兄弟の不死身伝説!



禁酒法時代のアメリカバージニア州に実在した密造酒作り三兄弟の話。時代背景からするとシカゴなどの都会やアル・カポネなどの大物を思い浮かべますが、これは舞台がバージニアの片田舎、主役はギャングというわけではないのがまず新鮮。そのせいでどこか牧歌的な雰囲気もあるんですが、それだけに時折現れる凶悪シーンに肝を冷やすし、都会から逃げてきた女性というキャラの落ち着きどころもうまくハマってます。
続きを読む
  Trackback:0
2013
04.03

フィルタリングした過去。『横道世之介』感想。

yokomichi
2013年 日本 / 監督:沖田修一

あらすじ
普通な男、横道世之介は今日も普通に生きていく。



1980年代後半を舞台に横道世之介と彼にかかわる人たちの日常が描かれます。そのテンポは実に「まったり」。大学生活を始めるため長崎から上京し、何気ない日常が展開されます。
続きを読む
  Trackback:0
back-to-top