2017
06.18

ギャングスターの栄光と喪失。『夜に生きる』感想。

Live_by_Night
Live by Night /2017年 アメリカ/ 監督:ベン・アフレック

あらすじ
ガタイはいいけど頭脳派です。



1920年代のボストン。厳格な家庭に育ったジョーは警察幹部である父に反発もあり裏社会に足を踏み入れていたが、ギャングのボスの情婦であるエマと恋に落ちたことで運命が激変していく。ギャングの抗争としのぎを削る世界で成り上がっていく男を描く、デニス・ルヘインの同名ノワール小説を映画化したクライム・ストーリー。
続きを読む
スポンサーサイト
  Trackback:0
2017
05.30

前を向いて、歌をうたって。『夜明け告げるルーのうた』感想。

lu_no_uta
2017年 日本 / 監督:湯浅政明

あらすじ
バンドやろうぜ!



寂れた漁港の日無町で父と祖父の3人で暮らす中学生のカイは、ある日クラスメイトの国夫と遊歩に誘われて訪れた人魚島で、人魚の少女ルーと出会う。鬱屈した日々を過ごしていたカイは明るく奔放なルーと過ごすうちに変わってくるが、やがてルーの存在が世間にバレ始めて……。『マインド・ゲーム』『ピンポン THE ANIMATION』の湯浅政明監督によるオリジナル長編アニメ。
続きを読む
  Trackback:0
2017
04.25

拡散する夜、収束する朝。『夜は短し歩けよ乙女』感想。

yoru_ha_mijikasi
2017年 日本 / 監督:湯浅政明

あらすじ
酒は飲んでも飲まれるな。



クラブの後輩である「黒髪の乙女」に思いを寄せる大学生の「先輩」は、なるべく彼女の目にとまることを目的とした「ナカメ作戦」を実行する日々。そんななか個性的な人々の巻き起こす珍事件に巻き込まれていくものの、それらに関係している黒髪の乙女との関係は一向に進展せず……。森見登美彦の同名小説をアニメ映画化。
続きを読む
  Trackback:0
2016
11.17

悲しみを覆す驚き、寂しさを越える愛情。『湯を沸かすほどの熱い愛』感想。

yu_wo_wakasu_hodono
2016年 日本 / 監督:中野量太

あらすじ
銭湯だけどお色気シーンはありません。



明るさと強さをもって一人娘を育てる母の双葉は、ある日病院で突然の余命宣告を受ける。現実を受け入れた二葉は、家族のため、そして休業中の銭湯を再開させるために奮闘を始める……。宮沢りえが『紙の月』以来の主演を務めるヒューマン・ドラマ。
続きを読む
  Trackback:0
2015
06.11

追い詰めろ、冷静に、大胆に。『誘拐の掟』感想。

yuukai_no_okite
A Walk Among the Tombstones / 2014年 アメリカ / 監督:スコット・フランク

あらすじ
殺したら、殺す。



1999年ニューヨーク、元刑事マット・スカダーの元に誘拐殺人事件の犯人を探してほしいという依頼が舞い込む。事件を追ううちに猟奇的な殺人犯の姿が見えてくるが、そこで新たな誘拐事件が起こる……ローレンス・ブロックのマット・スカダーシリーズ10作目『獣たちの墓』を原作とした、リーアム・ニーソン主演のクライム・サスペンス。
続きを読む
  Trackback:0
back-to-top