FC2ブログ
2020
04.06

踏みにじられた尊厳の行方。『スキャンダル』感想。

Bombshell
Bombshell / 2019年 カナダ、アメリカ / 監督:ジェイ・ローチ

あらすじ
テレビは視覚メディアだ!



アメリカのニュース放送局で視聴率NO.1を誇る「FOXニュース」の元キャスター、グレッチェン・カールソンが、TV業界の帝王と言われるCEOのロジャー・エイルズをセクハラで提訴し、局内は騒然とする。その騒動は看板番組を持つキャスターのメーガン・ケリーにも動揺をもたらす。一方で野心に燃える若手のケイラは、ロジャーに直談判するための機会を得るが……。実話を元にしたドラマ。
続きを読む
スポンサーサイト



  Trackback:0
2020
03.30

仮面に隠した嘘と真実。『仮面病棟』感想。

kamen_byoutou
2020年 日本 / 監督:木村ひさし

あらすじ
ペ◯ーワ◯ズじゃないです。



医師の速水は先輩に頼まれてある病院の一夜限りの当直をすることに。しかしその夜、ピエロの仮面をつけた凶悪犯が病院に立てこもり、速水らは院内に閉じ込められてしまう。速水は銃で撃たれていた女子大生の瞳を治療し、共に脱出を試みるが……。病院を舞台にしたサスペンス・ミステリー。
続きを読む
  Trackback:0
2020
03.25

恋の始まりはサバイヴから。『初恋』感想。

hatsukoi
2020年 日本 / 監督:三池崇史

あらすじ
ユニディってなんでもあるな!



医者から余命わずかであると言われ自暴自棄になって歌舞伎町の街を歩いていたボクサーの葛城レオ。そんなときすれ違った少女モニカを追う男を咄嗟に殴り倒してしまったレオは、成り行きでモニカと行動を共にすることに。しかしその結果レオはヤクザや悪徳刑事が絡む抗争に巻き込まれていく……というクライムドラマ。
続きを読む
  Trackback:0
2020
03.18

こなすべき任務か、守るべき矜持か。『PMC ザ・バンカー』感想。

pmc_Take_Point
Take Point / 2018年 韓国 / 監督:キム・ビョンウ

あらすじ
最前線に行く(Take Point)。



エイハブの率いる11人の傭兵部隊はCIAの依頼で北朝鮮の要人を捕らえるミッションに就く。しかし政治的な思惑により思いがけない危機に見舞われ、地下バンカーで逃げ場を失ってしまうばかりか、要人の暗殺者の汚名まで着せられてしまう。エイハブは敵の包囲網を突破して地上への脱出を図るが……。極秘ミッションを描くサバイバルアクション。
続きを読む
  Trackback:0
2020
03.16

旅立とう、内なる狼と共に。『野性の呼び声』感想。

The_Call_Of_The_Wild
The Call of the Wild / 2020年 アメリカ / 監督:クリス・サンダース

あらすじ
ゲー(左)!ハー(右)!



裕福な家で平和に暮らしていた犬のバックは、密売人に捕らえられてアラスカで売り出されることに。やがて旅の男ソーントンと出会ったバックは、彼と共に地図にない土地を目指して冒険の旅へと出ることになるが……。犬と老人のアドベンチャー・ドラマ。
続きを読む
  Trackback:0
2020
03.12

傷付ける物語と、癒す物語。『スケアリーストーリーズ 怖い本』感想。

Scary_Stories_to_Tell_inthe_Dark
Scary Stories to Tell in the Dark / 2019年 アメリカ / 監督:アンドレ・ウーヴレダル

あらすじ
本が私たちを物語る。



1968年、ハロウィンの夜に忍び込んだ町外れの幽霊屋敷の地下で、一冊の本を見つけたステラたち。そこには噂に聞く怖い話が綴られていた。その本を持ち帰ったステラだったが、翌日から仲間が一人ずつ姿を消していく。本を開くと、そこにはひとりでに文字が浮かび新たな物語が書かれていた……。恐怖の本にまつわるホラー。
続きを読む
  Trackback:0
2020
03.09

天使には翼を、悪党には粛清を。『チャーリーズ・エンジェル』感想。

Charlies_Angels
Charlie's Angels / 2019年 アメリカ / 監督:エリザベス・バンクス

あらすじ
グッモーニン、エンジェルズ。



国際機密企業チャーリー・タウンゼント社の元に、兵器化可能な新エネルギー装置の危険性を訴える依頼が舞い込む。「チャーリーズ・エンジェル」と呼ばれるエージェントのサビーナとジェーンは、何者かに奪われた装置を取り戻すため、告発してきた女性研究員エレーナと共に装置の行方を探すが……。『チャーリーズ・エンジェル』を再映画化したサスペンス・アクション。
続きを読む
  Trackback:0
back-to-top